HyperX CloudⅡ_12

まるはし150


なんとサンプル提供して貰ったんだぜwwwww


しかもこれ発売日前って言うね


ただ、記事を書くにあたってうちのブログは個人ブログなんで使ってみて使用感悪かったらボロクソ書くけど大丈夫ですか?と言うお断りをしてサンプル提供して頂きました

なので良いところも悪いところも書いていきたいと思います


HyperX CloudⅡ_01


意外と箱が大きい


HyperX CloudⅡ_02


そしてなんだか箱がかっこいい


HyperX CloudⅡ_03


箱を開けるとこんな感じ


HyperX CloudⅡ_06


なんだかゴージャスだぜ!
意外と見た感じはコンパクトな印象です


HyperX CloudⅡ_07

HyperX CloudⅡ_08


デザインは黒に赤と割りと好みのデザインですね
イヤーカップの部分はマッド仕上げとなっていて指紋が付きにくいのはポイントが高い
ロゴの入っている部分も指紋が付きにくい仕上がりとなっています


HyperX CloudⅡ_09


入っているものはこんな感じ
耳あての部分は皮の密閉型のものがデフォルトで予備に布で出来たオープンタイプの耳あてがあります
これは好みが分かれるので嬉しい配慮です

ケーブルについてはUSBコードをつけないとかなり短いです
PS4とかXbox OneでゲームするCSユーザーに取っては逆に短い方がケーブルがごちゃごちゃしないので良いですね
それとケーブルがメッシュで出来ているので高級感があります


その他にマイク、USB用のリモコン、航空機用アダプタ、携帯用ポーチがついています


HyperX CloudⅡ_10


これなんだろ?


HyperX CloudⅡ_11


マイク穴でした!


HyperX CloudⅡ_12


マイクをつけてPS4のコントローラーに直接つけてみたところ
今使ってるPS4コントローラーが赤だから色的にあうね!


HyperX CloudⅡ_13


オープンタイプの耳あてに変えてみた
あまり音漏れは気にしなくて良い環境なのでオープンタイプが好きですね


HyperX CloudⅡ_14



HyperX CloudⅡ_19


他のミックスアンプとあわせて使えばSkypeとPS4の音を同時に聞くことができます
ただこの場合音質はかなりミックスアンプに依存するので本来のHyperX CloudⅡらしい音にはなりませんね


HyperX CloudⅡ_20


Xbox Oneのコントローラーにもアダプターを使えば使用できます


使ってみた感想
音質については若干中域よりやや低めの音域がブーストされているようで多少癖があります
音楽を聞く際はボーカルよりギターの音の方がやや際立つ感じですね
個人的には好みの音質ですが人によっては若干こもって聞こえるかもしれません

ゲーム音に関しては特に突出してるところはないけど非常にまとまっていて不自然さを感じません
定位に関しては今使用しているアストロがかなり広がっているのに対して割りと近くで聞こえるので人によっては「HyperX CloudⅡ」の方が耳で敵の位置を察知しやすいかもしれないですね
この辺は好みの問題な気がします

音質に関しては現在シャクーンとアストロが手元にありますが一番好みではあります


HyperX CloudⅡ_21


7.1サラウンドはUSBにしかついていないのでPCのみ対応のようです
7.1サラウンドボタンでオン/オフができます
PS4にUSB接続しましたがボリュームなども対応していないようでこのリモコンは使用できませんでした
サラウンドボタンを使って音楽しか聞いてないけどあまり好みの音ではなかったです

マイク
Destinyでよく一緒にプレイするメンバーと通話をしてみて感想を聞いてみました
シャクーン、アストロ、HyperX CloudⅡを聞き比べたところHyperX CloudⅡが一番聞き取りやすいと言っていました
なのでマイクの音質についてはかなり良いようです
ポップノイズブロッカーのスポンジもマイクについているので鼻息とかも拾いにくいかもしれないですね

着け心地
密閉型とオープンタイプを選べるので両方使ってみました
普段オープンタイプを使用しているので密閉型は個人的にやはりあいませんでした
オープンタイプは着け心地もよくて長時間つけていても耳が痛くなったりすることはないですね
PCメガネ使用時も特に気になることもないです

悪かったところ
Skypeを使いながらゲームをすることが多いのでこれ1台で完結しないのは残念ですね
SkypeとCS機を併用したい人はミックスアンプを別に買う必要があります
あと、リモコンがUSBコードについているのでPS4ではミュートすることができないのも不便に感じました
まぁ俺はケーブル引っこ抜いてミュートしてるけどね


俺のおすすめ度は


★★★★☆


さ、サンプルで貰ったからじゃないぞw
一番のポイントはコストパフォーマンスですね
店売り価格が1万~1万5千円ぐらいを想定しているそうなのでAmazonとかなら1万ぐらいで販売するんじゃないかなってところですね

Amazonで1万4千円でしたorz

現状販売されているHyperX CloudもAmazonで1万以下で買えるので学生でも買いやすい値段だと思います
このぐらいの価格帯でこの音質、この高級感は素晴らしい

若干不便な点もあるけど音質も自分好みではあるし、通話していても他のプレイヤーが聞き取りやすいってこともあるので使っていきたいヘッドセットです


発売日は2015年2月9日予定です


その他のヘッドセットレビュー
PS4の音声を聞きながらSkypeでボイチャもできるヘッドセット Sharkoon X-Tatic PRO SGH-XTP 買ってみた
Skypeもできるヘッドセット「Astro Gaming A40 Audio System」を使ってみた感想