ノールのグリーブ_01


まるはし150


ノールのグリーブ_02

皇帝の強戦士のグリーブ
後悔の歌とは、耳をつんざくものなのだろう。
ワシの流刑以来、お前の人生はどんな災難を迎えている?副総督の陰気な顔を見る時、後悔で胸がズキズキするか?絶え間ないおしゃべりの海に浮かぶ静かな孤島のように、瞑想中にだけ癒やしを見つけているか?

他にどんな手を使えたのか、とずっと考えているか?その様々な可能性が、怒りの歌のようにお前の後ろに重なり合い、それぞれがお前の耳に疑問を囁きかける。次に会う時は、その歌が他に何も聞えなくなるほど大きくなっているだろう。自分の過ちにようやく気づくだろう。