セクリスのラップ_01


まるはし150


セクリスのラップ_02

皇帝の大使のラップ
ワシが許せぬものはない。
ようやく、お前を許すことができる気がする。この憎しみを永遠に持ち続けても仕方がない。昔のお前、昔のワシについて考える。終わりは着実に近づいている。服装得がお前に吹き込んだ有毒な野望について、どうしてお前を責められるだろうか?お前は単に使われていたに過ぎないのだ。

最後には、全て丸く収まった。そう思わないか?お前の裏切りは、ワシの権力上昇の第1章となる。