01



01

02

03

04


上のカードは先日発表されたネクロマンサーの新カード、
「生と死の逆転」「陰鬱な死霊術師」「スカルリング」です。
この3枚のカードは「葬送」と「リアニメイト」という
新しい能力を持っています。

この新能力の効果はトップの画像にもある通りですが、

「葬送」
自分の場に空きがあり、自分の手札に
フォロワーがあるなら、手札のフォロワー
1枚を場に出す。そのフォロワーは能力すべてを
失ったあと、破壊される。

「リアニメイト」
このバトル中に破壊された、リアニメイトの
値以下でコスト最大の自分のフォロワーと
同名のフォロワー1体を場に出す。

といものです。

また「リアニメイト」は最大コストフォロワーが
複数種ある場合はその中からランダムで出すようです。

「生と死の逆転」の効果はリアニメイトのみですが、
このカードのリアニメイトの値は現在の自分の
ターン数なので、破壊されたフォロワーにも
よりますが、葬送であらかじめ破壊しておけば
後半に5コストで大型フォロワーを出す事も可能となります。
ただ、この時気をつけなければいけないのが、
ファンファーレは恐らく発動しないであろうという事ですね。

「陰鬱な死霊術師」は「葬送」を持ったフォロワーです。
開発側の意図としては、このカードで高コストフォロワーを
破壊し、「生と死の逆転」を6ターン目以降に使うことで、
コストを踏み倒しつつフォロワーを展開してくださいという事
なのかなと思います。また、まだアンリミテッドルールの
制限や禁止カードが発表されていないので可能かは分かりませんが、
「陰鬱な死霊術師」で高コストカードを破壊し、5ターン目に
「ケリドウェン」でそれを復活させる動きが強そうだなと思いますね。
5ターン目にモルディカイとか勘弁してください・・・

「スカルリング」は「スケルトン」を2体出す効果と、
ラストワードでネクロマンス2;リアニメイト2を
持つカードです。リアニメイトを使う場合、
ネクロマンス2自体はカウントダウンが0になるまでに
「スケルトン」を特攻させれば済みますし、中盤以降なら
問題なく貯まっている事が多いでしょう。問題は
何を出すのかという事なのかなと思います。
ネクロのコスト2のフォロワーは割りと優秀なのが
多いですが、ファンファーレ持ちもいるので
リアニメイト2はオマケ程度に考えた方がいいかも
しれませんね。

新しいキーワード能力を作ったということは、
今後もこの能力を持ったカードは増えるでしょうし、
そうすれば取れる戦略も増えますしネクロマンサーの
今後が楽しみですね。

第7弾カードパック「Chronogenesis/時空転生」公式サイト

記事:ふぇると