01
太郎さん150

コロプラが任天堂の特許権を侵害しているとして、裁判が行われました

そして、一部内容が公開されました






これに対し、コロプラがこう反論しました



任天堂、訴訟記録にみる「対コロプラ」攻略法…「白猫」プレイ、画像付きで詳細検証

●任天堂は提訴の1年前に特許の訂正を実施、コロプラ側は争う姿勢

裁判のポイントになりそうなのが、任天堂が証拠としても提出している2016年8月の特許訂正。これは「ぷにコン」で問題にしている「特許第3734820号」の内容を改めたもの。

たとえば、もともと「プレイヤの操作に応じて指定される座標情報を出力するポインティングデバイスによって操作されるゲーム装置」だった定義が、「~座標情報を主力するタッチパネル~」といった具合に、「ぷにコン」を意識したと見られる変更が加えられる。

一方のコロプラ側は今年2月14日に答弁書を提出し、争う姿勢を示した。具体的な反論をする前に、任天堂に対して、白猫で使うスマホやタブレットなどが「ゲーム装置」に該当する根拠などを求めている(求釈明)。


ゲーム装置に該当する根拠って・・・(´・ω・`)

じゃ、白猫プロジェクトはゲームじゃないの?

ゲームなら、そのゲームを使っている機体もゲーム機じゃないの?

屁理屈にしか聞こえないんですが・・・(´・ω・`)


記事:任太郎