01
太郎さん150


・ケイドの死

完全に死亡している

これを利用した感情的なストーリーとなる


・キャンペーンには複数のルートがある

様々な選択肢がある

それによって、兄さんとどう戦うかになる


・2年目は深く、長期的に

様々なシステムを変更し、武器スロットの仕様を変更し、ランダムパークも追加

より多くのエキゾチック、より多くのドロップ品を望むことをはっきりと聞いた

そういったドロップ物をだからプレイヤーが一度しかプレイできないストーリーを焦点にではなく、エンドゲームでプレイヤーが欲しがっているエスカレーションプロコトルの経験を基にする

最大の目標は趣味を強化すること

秘密などといったそういった要素を強くして、趣味を本物にしていきたい


・夢見る都市はかなりのチャレンジ、プレイヤー次第の内容

様々なギミックやパズルがある

それほど難しいことではない

ストーリーと結びついているが、キャンペーンの一つではない

ソロプレイヤーでも探索できる事が可能

時間が経つにつれて様々な変化や秘密が明らかになり、十分な探検が出来る


・レイド行かないプレイヤーのためのエンドコンテンツもある

レイドは誰でもクリアできるとは限らない

それくらい難しい

レイドに行かない人でも最高の活動を感じさせるようにするつもり


・マイルストーン活動は大いに必要とされているという内容にアップグレードしている

2年目『孤独と影』は4つの新しいストライクがある

一つはPS4独占

デイリー、英雄、ストーリーミッションを復活させているのでパワーを上げるチャンスを増やしています

1年目より優れたストライクをプレイさせたい


・新しいサブクラスは大きなアップグレード?

9つの新しいスーパースキルがある

これはサブクラスのパスと呼ぶ

サブクラス毎に2つのパスがあり、9つすべてのパスを追加する


・新しいスーパースキルは破壊力を超えており、より深く、サポートスキルは大きな焦点になる

実際にそれがどのようにフィットしているのか、彼らはそういったスーパースキルを世界のあちこちに持ち出してあらゆる活動を帰る新しいもの

ウォーロックの新しいSCはサポート

ガンビットでは、そのサポートを使って攻撃したり守ったりする

新たなスーパースキルの実装による様々なプレイスタイルが出来る


・武器スロット変更はお気に入りの武器の種類を減らし、馬鹿げた新しい可能性を提供

この変更はゲーム全体に影響を与える

プレイヤーが理想していたプレイスタイルでプレイできるように、楽しくプレイできるようにした

3つのショットガンを装備することは可能だが、うまくいかないだろう

良い戦略ではない

おそらく弾を使い果たし、何も出来ない状況になるだろう

ともあれ、いろんなコンテンツにフリースタイルでプレイできるようになった

弾薬についてはまだ現時点未解決要素で、解決するためにいろいろ取り組んでいる


・既存の武器のスロットを変更、古い装備のパワー注入は?

既存の武器のスロットを変更は不可能

しかし、それを2年目でも使えるようにしてある

パワー注入することも出来ます

でも、実は少し変更するかも

2年目『孤独と影』実装後、いくつかの武器は別のスロットに割り当てられる


・クルーシブルで、最も重要な変更は武器の再分類

様々な新しいモード、マップが実装される

新しい武器のスロットが登場すると戦法が変わる

それは避けられないほどの影響になる

遠距離射撃をメインにしているプレイヤーの行動に対する変更が必要どうかまだ疑問がある


・ナイトクローラーは強くなった

PVPにおいて、ナイトクローラーは選択肢としては弱かった

ナイトクローラーは壁の向こうにいる敵の位置がわかるようになった

そのナイトクローラーの近くにいるなら、そのガーディアンも壁の向こうにいる敵がわかる



最後のナイトクローラーが強化されたことにびっくりしましたね

これはクルーシブルで結構戦法が変わりそうな気がする


Source:gamesradar

記事:ふんたー太郎