01

太郎さん150

海外ゲーム雑誌『gameinformer』が8体のバロンを紹介していました

-バロンとはなにか?

バロンは元々ハウスオブエグザイルから追放された低レベルのドレッグだった

追放され、嫌われたドレッグ達はチームを組み、フォールンの野営地を急襲

そこでエーテルを盗み、強くなっていった

彼らは宿られとリーフによる戦争後、アウォークンの前哨基地を略奪し、恐怖を与えた

そして、フォールンやスカベンジャーを圧倒し、かつては栄えていたアウォークンの故郷を無法地帯に変えた

レッド戦争(カバル戦争のこと?)後、有名なケイド6と彼の最も信用できるガーディアンエリート(小規模)はリーフのペトラと協力し、バロンを討伐し始めた

バロンは敗北し、殆どが殺された

オリジナルの8体のバロンのうち7体がエルダーズプリズンの最も深いところに投獄された

-8体のバロンのプロフィール


・The Fanatic(ファナティック)

01

バロンの指導者

ユルドレン王子の次にあたるセカンドポジジョン

当時、アルコンプリーストだった彼は機械を崇拝しているフォールンに異議を唱え、追放された

その後、反機械として伝道を続けていた

彼の兄弟姉妹にフォールンは最終的に死ぬべきであるという信念を植え付けた


・The Machinist(マシニスト)

01


ファナティックに対する情熱的な信者

軍需品や武器を作ったり、包囲を担当

彼女は恐ろしい兵器を駆使し、貪欲な泥棒として狩る

彼女はファナティックの指示に従い、木星と火星で襲撃船や陣地を兵器で撃退している


・The Mindbender(マインドベンダー)

01

ハイブとその宗教の研究によって、狂った天才はハイヴをコントロールする手段をなんとか見つけた

彼は飢えた少年、ドレッグとして、月のヘルマウスに落ちた

ハイヴの領域によって、彼の生涯に強迫観念を与え、彼を変えた


・The Trickster(トリックスター)

01

バロン達が動く時、舞台裏で働くことを好む

見えない所で動き、汚い仕事をすると有名

彼女は戦闘スキルがないため、臆病者


・The Hangman(ハングマン)

01

彼は素手にサービターのコアから取ったエーテルジェネレーターを装備して、引き裂くのが好み

サービターを苦しめることの彼の執着はフォールンの歴史の中で前例がない

彼はなぜ、生まれたときに追放されたのかは不明

ある人はこの子を見て、何になるかを知っていた人もいた

サービターに対しては特別な憎しみを持っている


・The Mad Bomber(マッドボマー)

01

この狂人はターゲットとなるものを粉々に爆発させることで喜ぶ

彼を知っている者はいない

どこから、ここへ来たのか誰も知らない

日常的に爆弾を爆発させて、興奮を求めている


・The Rifleman(ライフルマン)

01

彼は兄弟(バロン)の背中を見守る全能の狙撃兵

距離を置いて、目標を守り、ショットを外すことはしない

バロン達が初めて集まった時以降、誰もバロンを落とすことは出来なかった

それはライフルマンによる鋭い目があったからだ

監視ネットワークの力を借りて、各地域を彼のものにする


・The Rider(ライダー)

02

アナーキストバイカーとパイクライダーのギャングチームのリーダー

ライダーとギャングがフィールドを走り、荒らす

彼女はフォールンのヘビーパイクを改造するメカニックでもある

ギャングはリーダーのライダーのために死ぬ準備が出来ている



Source:gameinformer

記事:うぉろ太郎