リーク


最近、Destiny3を巡る数多くのが飛び交っている。先日、Destiny3からPvPがなくなる可能性について記事にした。その主眼はAnonのリークとしたが、彼と直接話をしたとする人物から連絡を受けた。私はそれが彼のリークなのか正確な情報源としたいと思い、確認したかったが連絡が取れなかった。

しかし、それは非常に活力のあるものだ。AnonはRedditにDestiny3について知っていることを投稿した。これらはまだ噂と分類される。そしてAnonから直接確認を取るのは難しい。しかし、これは彼だと言える。


Destiny2
3年目 - Destiny3が発売する前に何が起こるのか?Anonによると降り立ちし邪神や鉄の章、孤独と影のようなサイズの拡張はないと言う。代わりに年間パス2.0スタイルの年間パスが用意されている。全てが同じサイズのDLCではなく最初に他のものより僅かに大きなDLCがある。

Destiny3
ロケーション - 旧シカゴ、ヨーロッパ、金星への帰還を確認している。

エンドゲームの場所 - D2初期から焦らされている巨大なピラミッドのような船で、女王の宮廷でもホログラムとして見ることができた。

敵種族 -  Veil(ヴェール)として知られるAstrodemons(アストロデーモン)。彼らの視覚的特徴は濃い緑がかった皮膚、鋭い爪、そしてブラックアーマリーで追加された伝承エントリにあるエイダ1の母親によって言及された「wet earth(湿った地球)」のようなはっきりした悪臭を放つ。真の暗黒の下僕であるヴェールはガーディアンと同等のパワーレベルを持ち強力である。

maxresdefault
ブラックアーマリーの伝承でウェットアースモンスターではないかと言われた画像。右のクリーチャーには濃い緑がかった皮膚と鋭い爪が確認できる。

ストーリー - 崩壊の間、ヴェールの神は光との戦いで殺された。それ以来、彼らの死んだ神を復活する力を得るためトラベラーが再び目覚めるのを待っている。

アビリティ - 暗黒をベースとするアビリティは確認している。しかし、今までのサブクラスへどんな変更や追加があるのかはわからない。

新しいゲームデザイン - オープンワールドのPvPvE(PvP+PvE)エリア。DivisionよりもPlanetSideに近い。クルーシブルのサンドボックスの変更は不明。

方向性 - D3の目標はハードコアユーザーの期待に応えること。このゲームは以前のものよりはるかに難しく、ハードコアのコミュニティがどのようにプレイするのか注目している。また、D3は以前のシリーズと比較して、アプローチ設計においてより多くのRPG要素を提供する。


Destiny3が実際に発売するのかは聞いたことはないが、Activisionのスケジュールに入っていたのだとしたら今秋ではなく来年2020年秋になるだろう。


記事:稲森
参照元:forbesredditreddit