Final


放浪者はデスティニー2で最も謎の多いキャラクターのひとりだ。彼はプレイヤーのためにギャンビットを運営する陽気なホストだ。

Bungieは、重要な役割を担う彼にシーズンを捧げ、新しいアクティビティをもたらした。それはプライムギャンビットと天誅だ。放浪者のシーズンの物語は謎に包まれた彼の過去を照らす。

開発者が放浪者のシーズンのストーリーを解説する動画を公開した。動画ではナインとして知られる謎めいた集団と放浪者の関係を説明する。Polygonは放浪者をより理解するため、ライターのJonathan ToとスタッフライターのMallory Schleifと話をした。




放浪者とは?
destiny-2-rinnegati-v1-581886

放浪者はとても高齢だ。プレイヤーのようなガーディアンが復活するずっと前に、彼は暗黒時代と呼ばれる苦痛をもたらす謎めいた不思議な時代にトラベラーによって目覚めさせられた。彼はハンター、タイタン、ウォーロックではない。トラベラーによって復活した魂。つまり別の時代の光りの使者だ。キャラクターは多くの名前が知られており、彼が望む物を正確に突き止めることは不可能だ。

「私たちは、放浪者のシーズンで彼が何者なのかを物語として見せた。」とToが語る。放浪者は彼の長い人生の間、多くの別人だった。そして、物語の一部では彼が誰だったのか、今、誰なのかを説明している。

放浪者はトラベラーによって起こされた最初の人間のうちの1人だった。(トラベラーとはデスティニーの物語の中心にある巨大なボール)暗黒時代。彼は飢餓で何度も死に、ゴーストで繰り返し復活した。

「彼がエイリアンを食べることについての面白い話がいくつかある。それは、彼がエイリアンが好きだったからではない。それは、時々、彼の手元にある食料の全てで、何百回目かの死よりはましだったからだ。」それ以来、所有するバーは氷の惑星に閉じ込めら、ガーディアンが直面しなければならなかったあらゆる戦いを生きながらえた。

e7arhBHQobsuzEUvCH2kfa

ごく最近では、放浪者はプレイヤーにほとんど知られていない謎めいた集団ナインと結びついている。放浪者と集団との繋がりは使者によるものだ。彼女は元々オリンと言う名のガーディアンだった。そして、彼女は前世で放浪者と関係を持っていた。彼女は以前削除されたナインの試練でガーディアンの前に登場した。

「放浪者とオリンは暗黒時代から生きていた。そして、放浪者のシーズンの終盤のプレイで彼らが再開するまでずっと別人だった。」

デスティニー2のカットシーンでは、放浪者という名前を使い始めてから初めて放浪者とオリンが出会う場面を見ることができる。ナインのために働いた放浪者にオリンは贈り物を提示した。そして、彼の船の後ろにホールを取り付けた。



ホールとは?
no title

ホールは放浪者の船を唯一のものにした。それは小さなクルーザーの後部に取り付けられた巨大な氷の玉だ。カットシーンでは、ほとんどのプレイヤーがそうであるように、新しい船のアタッチメントに放浪者も困惑したようだ。しかし、Bungieのライターはボールについて興味深い真実を明らかにした。

「ホール自体は、ナインによって放浪者に与えられた純粋な可能性だ。そして、それがどのように見えるのか、それを明らかにする方法、それはナインについてよりも放浪者について語っている。」ナインはどうやら、放浪者が管理できる小さな領土を与えたようだ。

「ホール内の宿られた者は、放浪者の望みから生れたものだ。彼は純粋な可能性のバッテリーを与えられた。彼が考え、望むことで、より多くの宿られた者をシミュレートできる。彼はより多くのGuard Dogを必要としている。そして、ガーディアンのためにアーマーを作る。」

ある意味、天誅ゲームモードは放浪者の頭の中、もしくは、物理的に出現したものの中で行われる。天誅はオリジナルのデスティニーの大型アップデート降り立ちし邪神のボスであるオリックスの影と戦う。Schleifによると、オリックスは放浪者に取って最も恐いものであり、ホールの影として現れる。

現時点では、なぜナインは放浪者を信頼しこの力を授けたのかは不明だ。恐らく、放浪者はそれに対する答えさえ持っていないだろう。



彼は何がしたいのか?
ja30nuj1akk21

放浪者の魅力は真意を隠しているところだ。時に、彼は恐怖によって動かされ、彼の汚い仕事をガーディアンにやらせようとしている。Bungieは放浪者の原動力を自己保存以外は明かさないだろう。

いずれにせよ、彼の話は放浪者のシーズンに終わるものではない。彼らはどんなものになるのかコメントはしていないが、Bungieとライターは放浪者の物語は今後のリリースでも続くと語る。放浪者は来たるべき戦いに備えている。彼は近い将来に訪れることを想像すると恐れずにはいられないのだ。

トルンやマリフィセンスのような邪悪な武器に対する放浪者の興味は、何かが暗黒になる可能性が高い。光りを追う邪悪な力、トラベラーの敵。生存者として、放浪者は常に次の大戦を恐れている。放浪者が恐れおののくものに関わらず、彼がデスティニーシリーズの重要な役割であり続けるだろう。


記事:稲森
参照元:polygon