Sony-Microsoft-ds1-1340x1340

ファンや消費者同士が争うことで有名な、マイクロソフトとソニーは、ゲームストリーミングおよびその他の関連サービスの分野で提携を発表した。

マイクロソフトは、それぞれのゲームおよびコンテンツストリーミングサービスをサポートするために、Microsoft Azureのクラウドソリューションの共同開発を進める予定だ。更にMicrosoft Azureのデータセンターソリューションはソニーのゲームおよびその他のストリーミングサービスに利用される。両社の協力は世界中の顧客に充実したエンターテイメントの体験を提供することを目指していると語った。また、両社は半導体、AIの分野でも提携していく。

マイクロソフトCEO サティア・ナデラ氏は「ソニーは常にエンターテイメントとテクノロジーのリーダーであり、今日発表したコラボレーションはイノベーションの歴史を築くだろう。」と語った。

この協業がプレイステーションとXboxの将来にどのような影響を与えるのかを考えるにはまだ時期尚早だ。どちらかと言えば、両社が今後数年内にゲームストリーミングに大きく既に参入しようとしていることを示す大きな兆候だろう。マイクロソフトはすでにProject xCloudについて語っており、ソニーもPlayStation Nowのようなストリーミングオプションもあるが、それぞれ欠点がないわけではない。

Googleはゲーム用ストリーミングプラットフォーム「Stadia」を発表している。今回のマイクロソフトとソニーの提携はGoogleに取って厄介な問題になるだろう。現在、ビデオゲーム業界を牽引する両社のゲームストリーミングへの参入により競争が激化することが予想される。

今後数年、ゲームストリーミングは面白くなるだろう。マイクロソフトとソニーの提携から大きな変化が起こっていることがわかる。


記事:稲森
情報:dualshockersmicrosoft