variks-with-guardian


2019年5月20日のアメリカン・ダッドの新しいエピソード「Lost Boys」は米TBSで放映された。ロジャー、スティーブ、スタン、フランシーン、ジェフ、ヘイリーのホームコメディの狂人達のこのエピソードではナインのエージェントのシュールとエキゾチックロケットランチャーのワードクリフコイルのジョークが含まれている。*アメリカン・ダッド - アメリカの風刺テレビアニメシリーズ



このエピソードの始めに、ロジャーはビデオゲームをしているクラウスに近づく。クラウスは、一緒にプレイしているガーディアンに衛星タイタンへ行きシュールからワードクリフコイルを購入するように勧めるが、そのプレイヤーはレジェンダリーのかけらを持っていなかった。それに対してクラウスは放送禁止用語で非難し、彼が3年生であることを嘲笑する。

ロジャーとの短い会話のやり取りの後、3年生の母親とクラウスは対峙する。それから、3年生がおしゃべりで人種差別のジョークを言ったと主張した。お約束のギャグは終わっていないが、エピソードの後半には破かれたデスティニー2のポスターが登場する。クラウスの声優であるディー・ブラッドリー・ベイカーはオリジナルのデスティニーのバリクスの声を担当していたことは言及する価値があるだろう。

アメリカン・ダッドのジョークでバリクスが戻ってくることを示唆するかもしれないと多くの人が笑って言ったが、問題外というわけではない。バリクスは最後にプレイズンブレイクで見かけたが、その後、ペトラ・ベンジもアウォークンも彼を見つけることはできなかった。Bungieがそのことに言及するまではこれはジョークのまま受け止めるのが良いだろう。


記事:稲森
情報:gamerantreddit