doc-comb

6月11日、大人気のTwitchストリーマーGuy "Dr Disrespect" Beahm氏はE3 2019のショーフロア探索を行い、トイレからの配信中に中断されBANされた。また、E3バッジも取り消されている。

siwno7f9rlsscsndjfbd

Dr Disrespect氏はE3に参加し、初めてIRLストリームを行った。彼とカメラマンはカメラを回しながらトイレに向かった。Twitchコミュニティガイドラインや利用規約にトイレについて特に言及はされていないが、利用規約に違反しているだろう。また、Twitchは違法行為を禁止しており、トイレ使用者の撮影はカリフォルニアでプライバシー侵害の違反に当たる可能性が高い。

Dr Disrespect氏は彼の配信を視聴している何万人もの視聴者がいる中で、男子トイレの散策を始めた。彼はE3の参加者が小便器で用を足している中、「Bodyguard!」と叫んだ。そして配信は中断された。プライバシー保護のためリンクは掲載しないが、保存されたクリップにはトイレに2回行き、小便器を使用している姿が映されている。

その後、間もなくしてDr Disrespect氏のアカウントはTwitchから消え、現在はアクセスできない。Dr Disrespect氏の問題は今回が初めてではない。過去に不倫問題から配信を自主的に規制していたり、配信中に銃撃されたこともある。


記事:稲森
情報:gamerantkotaku