the-legend-of-zelda-breath-of-the-wild-2-link-and-zelda


E3 2019のサプライズのひとつは「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の続編が発表されたことだろう。ゼルダの伝説 ムジュラの仮面を彷彿させる暗いトレーラーでゲームを明らかにした。



トレーラーでは地下ダンジョンのような場所を探索するゼルダとリンクの姿を映し、ハイラルのオープンワールドを一緒に旅をしているようだった。ダンジョンで彼らはゾンビのような生物と遭遇し、ネットではガノンドロフが蘇ったと推測された。また、ゼルダとリンクが一緒に旅をしていることからCO-OPプレイが実装されるかもしれないと推測された。

ゼルダの伝説シリーズのプロデューサー青沼英二氏はIGNに話す。「ブレス オブ ザ ワイルドではゼルダとリンクはよく一緒にいるのでCO-OPに直結するのはとても面白く興味深い。」青沼英二氏の反応はCO-OPプレイになることを肯定も否定もしなかった。

また、一方でKOTAKUのジェイソン・シュライアー氏はブレス オブ ザ ワイルド2でゼルダはプレイアブルキャラクターであるのか、ファンはそれを見たいと思っていることを青沼氏に伝えると「なるほど。でも言うことはできない。」と答えた。さらにシュライアー氏はブレス オブ ザ ワイルド2は何人のプレイアブルキャラクターがいるのか尋ねると「言えない。」とだけ答えた。

これについても青沼氏は肯定も否定もしなかったので、開発チームは複数のプレイアブルキャラクターを検討もしくは実装していることを示唆しているようだ。現時点ではゲームについてほとんど明かされていないので多くのことを語れないが、開発チームの多くはレッドデッドリデンプション2をプレイしていること、ブレス オブ ザ ワイルド2は前作よりも更なるオープンワールと要素を持つことが明かされている。


記事:稲森
情報:gamerantignkotaku