ポケモン5分モデリング


先日、ゲームフリークはポケモンソード/シールドにすべてのポケモンが含まれていないことを発表した。これはファンの間で論争を呼び、1人のファンが「一匹5分もあれば作れる。」とTwitterに投稿し大きな話題となった。


もちろん、たった5分でポケモンを作ることはできない。ポケモンソード/シールドにすべてのポケモンが含まれていないことに対するファンの不満も理解できるが、この変更を巡る議論でゲーム開発に大きな誤解があることが明らかになった。

ゲームフリークが語るようにすべてのポケモンを実装することは難しくなってきており、ゲーム開発に理解を示すファンもいる。そのような背景から、実際に5分でポケモンを作るというジョークが生れハッシュタグ「ポケモン5分モデリング」で投稿が行われている。これに海外のファンも続き日本語のハッシュタグと「5minutePokémonRenders」で投稿され、日本だけでなく海外でも大いに盛り上がりを見せている。


ポケモン5分モデリングの投稿でもわかるように、モデリングひとつ取ってみてもゲーム開発には大きな労力を必要とする。ジョークに発展したこの騒動から、ゲーム開発に関する誤解も解け、理解も深まるのではないだろうか。


記事:稲森
情報:polygon