影の砦_01


Bungieは影の砦を開発者が解説する「月への帰還」日本語トレーラーを公開した。



コンバットエリアリードの木下智路氏が動画の冒頭で挨拶を行った。月は完全にリマスターしており、大小含めて変わった所がたくさんある。プレイヤーはさまざまな違いを体験し発見する。空間はおよそ2倍に広がった。行ったことのある場所も以前とは変わっているはずだ。

影の砦_06

月の表面にハイヴの城があったらどうなるのかと言うアイデアから始まった。この城はトゲトゲしていて赤く、攻撃性を感じられる。Destiny1に登場したフォールン・ケッチは今月面に置かれている。フォールンはケッチから部品を調達し新たな基地を作っている。

月には膨大な数の新しい失われたセクターがある。Destiny1に登場した空間のひとつで、以前は中に入ることができなかったが2ではこれら月の構造物の奥深くまで入ることができる。

影の砦_03

影の砦_04

アート面では背景が完全に新しく再構築されどの空間も上から下まで明暗のライティングを新しくした。画像はライティングを再構築した最初の空間だ。D1では空間によってはより彩度の高い色を使っていたがD2ではサイドを低下させ、全体的に不気味さを演出した。

影の砦_05

D1から始まっている秘密をより掘り下げる試みも行われた。ゲームは映画のように始まり誰よりも月をよく知るキャラクターとともに月に戻る。エリスはある意味、触媒のような存在で、ケダモノの目を覚まさせたのは彼女だ。エリスは月の表面の下に何かを見つける。隠された闇を。

影の砦_07

Destiny1の月には宇宙旅行という要素を取り入れ、大崩壊以前に人類が手に入れた絶頂の極みをもたらした。月では人類の歴史について多くのストーリーが語られている。加速器を作った人々、月にこれだけの建造物を建設した人々、彼らはどうなったのか、どこへ行ったのか?

デスティニー2大型拡張「影の砦」は2019年9月18日に発売予定だ。


記事:稲森
参照元:youtube