alinity-cat


人気TwitchストリーマーAlinity Divine氏はApex Legendsの配信中に猫を投げたことで炎上した。視聴者は過去の配信に遡り動物虐待のクリップを探し当てた。さらに非難が集まる中、利用規約にもある動物虐待をしているにも関わらずいまだにTwitchからBANされない彼女に対して視聴者たちは永久BANされるように署名活動を始めた。

署名キャンペーンChange.orgのページでは彼女にBANを求める賛同が1万7千人以上集まっている。目標数は2万5千であり、大きな支持を集めなければTwitchは真剣に受け止める可能性は低い。しかし、これを受けて彼女は声明を発表した。


Twitterの投稿では、対応が遅れたことを謝罪し、「ペットに八つ当たりするべきではなかった。椅子から投げはしたがそれほど強くは投げていない。ウォッカを飲ませたのは1年以上前のことで私は愚かであった。動物虐待があったか当局に連絡して調査してくれて構わない。ペットを愛し、温もり溢れる家で暮らしている。当局の調査には協力する。」と述べた。

仮にTwitchが彼女をBANしたとしても、彼女が永久BANされる可能性は低いだろう。Twitchの人気ストリーマーは配信で問題を起こしたとしても数週間停止されるだけですぐに戻ってくる。例えばDr DisRespectはE3 2019でトイレ配信をしてカリフォルニアの法律に反しBANされたが数週間で復帰した。

しかし、恐らくChange.orgの嘆願書と動物愛護団体に提出された苦情からの圧力によってTwitchはストリーマーに対して何らかの処置を行うだろう。


記事:稲森
情報:gamerant