01

一部地域では梅雨が明け、夏本番を迎えた今日この頃ですが、PSサポートは公式TwitterでPS4の冷却に関する注意換気を行いました。



本ツイートでは、PS4の冷却機構について詳しく説明されていますが、一番重要なのが「冷却が追いつかないときは電源が切れる構造になっています。」というところ。
強制的に電源が落とされると、プレイ中のゲームデータは失われてしまいますし、何よりPS4本体に大きな負荷をかけてしまうことになるからです。


そこで本記事では、PS4の熱対策&冷却方法について紹介していきます。

〈その1〉
PS4を直射日光の当たらない通気性のよい場所に置き、壁から10cm以上離し通気孔を塞がないようにする(&通気孔周りをこまめに掃除する)。
横置きの場合は、PS4と床の間に必ず空間をつくる。
02

03

〈その2〉
プレイ環境を整える。夏場はちゃんとエアコンをつけ、扇風機をPS4の正面に直当てする(もちろん自分にも)。
プレイ環境を整えることが、PS4の熱暴走を抑える最も簡単な方法です。

〈その3〉
様々な冷却アイテムを使う。
冷却アイテムといっても、冷却ファンやすのこなど様々ですが、最終的には自分にあった冷却アイテムを使いましょう。

・取り付け型冷却ファン
PS4の後方や下部に取り付ける物がありますが、PS4を縦置きで使用している場合は下部取り付け型の冷却ファン、横置きの場合は後方取り付け型の冷却ファンを使う。
ただ、製品にもよりますが、あまり冷却効果はないといっていいでしょう。
04

05

・卓上型冷却ファン
これはデスクの上に置いて使用するため、横置きの場合でしか使うことができませんが、取り付け型ファンよりは冷却効果があるでしょう。
06

・すのこ
一見なんの効果も無さそうですが、すのこをPS4の下に置くことによって、風通しを良くすることが出来ます。
また、素材がアルミニウムであれば、効率よく放熱することが出来ます。
07

〈絶対にやってはいけないこと〉
PS4の冷却に保冷剤や水枕を使う。
保冷剤や水枕を使ってしまうと、PS4内部の発熱によって内部と外部で温度差が生じ、それによってPS4内部に結露が発生してしまうからです。最悪PS4が壊れます。


PS4の熱対策&冷却方法の紹介はこれで以上となりますが、第一にゲーマー自身が熱中症で倒れてはいけないので、エアコンの効いている部屋でもこまめに水分補給をするようにしましょう(私自身、ゲーム中に熱中症になったことが一度あるので...)。

それでは皆さん、今夏も楽しいゲームライフを送りましょう。

以上ノシ

記事:モアイ