Destiny-2-Ward-of-Dawn-Zavala


アーマー2.0に関するライブ配信でカスタムビルドについて記事にしたが、それ以外の部分を見てみよう。






グリマーの上限
destiny-2-increased-glimmer-cap-933x520

現在Destiny2の通貨であるグリマーの上限は100000グリマーだ。しかし、ライブストリームでは250000グリマー所持している映像が公開されおり上限は250000グリマーになるだろうと推測されている。しかし、これは言及されたわけではなく開発者向けのビルドであり、上限は変わらない可能性もあるし、250000グリマー以上になる可能性もある。


新しい通貨
destiny-2-increased-glimmer-cap-2-1103x520

destiny-2-increased-glimmer-cap-3-1085x520

新しい通貨に「Enhancement Prism」と「Ascendant Shard」が確認されている。Enhancement Prism(エンハンスメントプリズム)のEnhancement は「Biotic Enhancements(生体強化)」や「Enhancement Core(強化のコア)」と訳されているので強化のプリズムと言う訳になるかもしれない。「Ascendant Shard」は恐らくアセンダントシャードと訳されるだろう。これらの強化素材は銃器技師のバンシーから購入できることが確認されている。特に言及はされていないがバンシーからの購入以外にも恐らく取得方法があるのではないかと思われる。


ドーンウォードに光の武器が追加
Destiny-2-Ward-of-Dawn-Zavala

Destiny2から始めた読者であればドーンウォードが何のために存在しているかわからないと思っているだろう。そのぐらいDestiny2でドーンウォードは弱体化された。タワーが崩壊したのもザヴァラが無意味なドーンウォードを使ったせいだと思っているかもしれない。



それでもDestiny2のセンティネルのドーンウォードは発売以降強化されたがほとんど見かけることはないだろう。稀に対戦モードのカウントダウンで爆弾のところにドーンウォードを設置するセンティネルを見かけるくらいだ。しかし、Destiny1では必須と言えるくらい強かった。今のウォーロックの輝く泉くらい必須だった。それはドーンウォードの中に入ることで数秒間武器のダメージを強化する光の武器と言うバフがあり、ギャラルホルンを持って出たり入ったりすることでボスへ攻撃する戦い方が主流だった。


ナイトクローラーの強化
Nightstalker-buff-1

ハンターのナイトクローラーも影の砦で強化される。ナイトクローラーの下側のツリー「先駆者の道」はアビリティの相乗効果を高めるため手直しされている。煙玉でチームメイトの姿を見えなくするとグレネードチャージを素早くチャージできるようになる。その後、ハンターがグレネードで敵にダメージを与えると煙玉のチャージが早くなる。同様にメビウスの矢筒も強力なバフを得る。



記事:稲森
参照元:vgrgamerant