destiny-2-shadowkeep-gamescom-leak-1200x450

※ガセの可能性が高い。


Gamescom 2019はもうすぐ開催される。このドイツのイベントにはBungieを始め多くのゲーム開発スタジオが参加する。カナダのビデオゲームジャーナリスト ジェフ・ケイリー氏によるとBungieはカンファレンス中にDestiny2: 影の砦のシネマティックトレーラーを公開する予定だ。このショーは約2時間にわたり、25のビデオゲームの発表が行われる。



最近、4chanで影の砦のリークが投稿された。リークによるとエリスは月のヘルスマウスの下層で墜落した暗黒の船を活性化させ闇の種族(dark race)ヴェール(Veil)の一員であるテューポーン(Typhon)を目覚めさせた。*テューポーン:ギリシア神話に登場する巨人にして、神あるいは怪物である。その力は神々の王ゼウスに比肩するほどであり、ギリシア神話に登場する怪物の中では最大最強の存在である。(Wikipedia

さらにリークではこの拡張で3つのストライクがあり、1つはGamescomで披露されると言う。「テューポーンの目覚めにより、ベックスはシステムに急速に侵入を始める。ベックスは地球を含む全ての惑星に侵入する。」

destiny-2-shadowkeep-gamescom-leak-1-924x520

  • 最初のミッション「Descent」が披露される。テューポーンは悪夢とハイヴの軍隊を引き連れて第二の大崩壊を引き起こそうとしている。テューポーンは艦隊とボスが到着する準備をしている。
  • 影の砦の3つのストライクの内のひとつ「Oversoul Throne」(オーバーソウルの玉座)が披露される。ボスはCrota Phantasm(クロタの幻影)。
  • テューポーンはBlack Heart(ブラック・ハート)を再び目覚めさせようとしている。影の砦のレイド「救済の庭園」でテューポーンがブラック・ハートを目覚めさせるのを阻止する。
4chanのリーク情報は信憑性が低くあくまで噂として見ておくのが良いだろう。最後にDestiny1をプレイしていない人向けに各用語を解説する。


大崩壊
トラベラーによって黄金時代を築いた人類と暗黒との戦いの末、トラベラーは傷つき暗黒時代を迎える。Destiny2の舞台は新たな黄金時代と呼ばれている。


クロタ
クロタとはDestiny1地下の暗黒のレイド「クロタの最期」のボス。ハイヴの王オリックスの息子でハイヴの王子と呼ばれ、Destiny1以前に起きた月での大戦で数千人のガーディアンを皆殺しにした。クロタ抹殺のためプラシック機関のウォーロックのエリアナ3とエリス・モーンはハイヴの闇の知識を研究しシティを追われた粉砕のトーランドを見つけ、他3人のガーディアンと冥界(アセンダント)にあるクロタの神殿を目指すがエリスを残してハイヴに殺される。新世代のガーディアンがクロタを倒したもののエリスはクロタに対して並々ならぬ感情を持っている。影の砦ではPhantasm(幻影)として登場する。*Phantasmの登場は公式情報。


オーバーソウルの玉座
オーバーソウルとはオリックスの双子の娘イル・アヌークとイル・ハラクによって作られたハイヴの不死を実現するために魂を切り離し封じ込めたもので、レイド「クロタの最期」のボスエリアがオーバーソウルの玉座である。


ブラック・ハート
BlackHeart1

ブラック・ハートはDestiny1のストーリーの最後のミッションである「ブラックガーデン」でベックスが神として崇めていたものでエネルギー体として描かれていた。ブラック・ハートは大崩壊の中、ブラックガーデンに到着した可能性があり、3体のアクシス・マインド ソル・プロジニーが最後のボスとしてブラック・ハートを守っていた。


記事:稲森
参照元:vgr