iRWayw4k3s3TURRcWrDLLX-650-80


Bungieが今年の初めにアクティビジョンから離脱したことで多くのファンはDestiny2の問題はアクティビジョンによるものだったと言う印象を持った。それ以降、Bungieはエバーバースストアやフリープレイの新たな光など劇的な変化を発表し、その印象はより強いものになった。しかし、コミュニケーションディレクターDeejことDavid Dague氏はインタビューでこの離脱は単に優先順位を変えた結果だと語った。

ECrnw7yXkAES2QB

「アクティビジョンは我々に好きなことをさせなかった独裁者と言うイメージを払拭させる必要があるだろう。私たちはアクティビジョンでこのシリーズを立ち上げた。しかし、時とともに両社が望む目標が変わってきたため別々の道を歩むことにした。」とDeejは語る。

「それは友好的だった。そして、今自分たちでゲームを作り、素晴らしいものにするために必要なことをしている。」

Steamへの移行、クロスセーブの実装。フリープレイ、Destiny2の大きな変化は、単に業界の動向を反映しており、Bungieは意欲的に進化をしていると語った。

「私たちはコミュニティが最善だと思うことは何でもする。新規ユーザーも歓迎する。これは時に痛みを伴う変化だ。Halo王国とPlayStation王国が融合することで新しい人たちが入って来た。しかし、新規ユーザーが入り、コミュニティが常に新鮮で活力があることは重要だ。」

Destiny2は10月2日にBattle.netからSteamに移行し、影の砦が実装される。


記事:稲森
参照元:pcgamer