48601944872_3b7bc68cc2_h


海外PSブログでゲームズコムで体験したファイナルファンタジー7リメイクについてまとめていたので紹介しよう。


クラウドとバレットの連携は素晴らしい
47814007091_df3b844760_h

オリジナルのオープニングミッションでは、レジスタンス「アバランチ」のリーダーであるバレットと傭兵であるクラウドは、短い対話を経て巧妙な関係を確立した。リメイクでは神羅に対する不信感を強調する魅力的なカットシーンが生み出されている。無関心な態度のクラウドと激しい怒りに燃えるバレットの掛け合いも素晴らしいようだ。


アバランチのメンバーも見直されている
ジェシー、ビッグス、ウェッジたちアバランチのメンバーも肉付けされている。


ミッドガルは鼓動を感じる街に生まれ変わった
48606844683_4faa30e03b_h

ミッドガルの変貌は目を見張るものがある。列車のプラットフォームの窓に映る高くそびえる都市の景観も、建設現場の床に敷かれたケーブルの黄色のハザードテープのような小さなもの、細部が作り込まれている。


魔晄炉はそれぞれ構築されている
ミッドガルは同じサイズと形状の8つのステーションからなり魔晄炉のデザインは同じだと考えられるが、全ての魔晄炉はことなる形状をしている。


ユニークアビリティ
47814007331_c44fffdb7b_h

通常のアビリティと魔法に加えて全てのキャラクターには三角ボタンで選択可能なユニークなアビリティがある。例えばクラウドはオペレーターからパニッシャーモードに切り替えることができる。攻撃的でより長いリーチを持つが攻撃速度は遅い。


宝箱はある
宝箱はあるがミッドガルの美学と整合するように再設計されている。ほとんどのエリアの周辺には神羅の木枠と樽が点在しており、バスターソードで粉砕することで報酬を得ることができる。


マテリアルはタイプごとに色がことなる
48606815428_779914da8f_h

服や武器には穴があいており、これらのスロットにマテリアルを装着できる。タイプごとに色が異なるがメニューで管理されなくなった。

ファイナルファンタジー7リメイクは2020年3月3日にPS4でリリースを予定している。


記事:稲森
情報:twitter