3566470-destiny-2-shadowkeep-release-date-new-light


Destiny2: 影の砦で大きくゲームプレイが変わる。ルナファクションのブーツや反撃のバリケードのオートリロードがオートリロードの代わりに高速リロードになることでボスに対してのDPSが出せなくなる。そんな変更を考慮したデータをRedditユーザーが作成した。



IAMADragonAMAAの投稿したスプレットシートはBungieが先週発表した武器ダメージのバフは含まれていない。これは正確な武器ダメージが判明していないためである。また、例えばレイドボスには精密がなく、ダメージを常に与えられないように移動することも分かっており今までのレイドとは劇的に変化する。
このダメージテストは最後の願いのカリで行われており、現在のDPSとリロードを考慮したDPSのデータが提供されている。スプレットシートを見ると各武器タイプに2種類のタブがあることを確認できるだろう。武器タイプが記載されているタブは現在のDPSであり、「Sustained」と書かれたタブはリロードを考慮したDPSになる。

このダメージチャートでは現在のメタ武器である特殊ウェポンのグレネードランチャーのダメージはかなり下がるが、ヘビーウェポンのグレネードランチャーはまだ実用範囲にあることがわかる。スナイパーライフルはイザナギの覚悟や虫の囁きが良い感じである。コールドハート、アクリウスの伝説、ターラバ、模倣スリーパーなど現在メタ武器ではないエキゾチックも注目を浴びるはずだ。そして、安全に戦うことができれば剣も有効的になるだろう。


記事:稲森
情報:twinfinite