月とその先_01


BungieはDestiny2: 影の砦の変化を語ったViDoc「月とその先」を公開した。



この動画ではゲームディレクターのルーク・スミス氏がDestinyがどこに向かっているのか、月で何が発見されるのか、月で何が起きるのか、エリス・モーンの役割が語られている。エリスの再登場はゲームのストーリー根幹に深く関わることでもありコミュニティに注目されている。

月とその先_02

また、絢爛のシーズンに登場した絢爛の聖杯のようなルーンテーブルが新コンテンツ「ナイトメア」にも登場するようだ。聖杯システムをそのまま踏襲するようなものなのか、新たな仕組みが導入されるのか興味深い所だろう。

リニアフュージョンライフル

6分を過ぎたあたりで新しいリニアフュージョンライフルも確認できる。

月の迷宮

また、月の奥深く紅の城にある迷宮についても語られている。不死のシーズンから暁旦のシーズンへ繋がるヒントも出している。

ロードマップ

たいした問題ではないと思うがロードマップの10月30日に登場するエキゾチッククエストの名称が先日の公開では「神性(Divinity)」だったものが「ゼノファジ(
Xenophage)」と変更されている。それと日本語版の誤訳だと思われるが、PvP新マップが「フラグメント」が「破片」と紹介されている。ロードマップではフラグメントと記載されている。


記事:稲森
情報:pcgamer