コンシクレイテッドマインドソル_01


Destiny2: 影の砦レイド「救済の庭園」の4つ目のステージ、最初のボス戦となる「コンシクレイテッド・マインド・ソル」を簡単に倒す方法が発見された。それはDestinyの最初のレイドであるガラスの間のアテオン落としに似ている。



コンシクレイテッド・マインド・ソルは通常、オーバーフローを取り目を壊している間にかけらを集めるのだがこの方法を使えばそれらを飛ばし簡単に倒すことができる。

コンシクレイテッドマインドソル_02

コンシクレイテッドマインドソル_01

下生えには穴の開いた場所があり、そこに誘導し煙玉や持続グレネードを設置して落とすと言うもの。しかし、この方法は毎回必ず上手く行くと言うわけではないようだ。この方法で倒してもしっかりと報酬が貰えることは報告されている。

Destinyの敵AIは攻撃を避けるため、持続グレネードなどからダメージを受けるとそれを避けようと別の場所へと移動する。この特性を使いDestiny1ではレイドの最後のボスであるアテオンを簡単に倒す方法が初期に流行った。あまりにも流行ったため、Bungieはこれらに対応し赤ちゃんバンパーと呼ばれる透明な壁を設置しボスが落ちないようにしたり、それ以降は落ちても復帰するような仕組みが作られ長らく落して倒すと言う方法は見られなかった。


記事:稲森