destiny-2-glory-ranks_feature


先日、Destiny2のPvEプレイヤー向けにライフリミットの武器を選ぶコツを紹介した。1点書き忘れていたことがあるので紹介しよう。



ライフリミットの低ランクやクイックプレイで時々見かけるのだが、基本的にやってはいけない組み合わせはメインウェポン+メインウェポンや特殊ウェポン+特殊ウェポンだ。プレイヤースキルが高く、戦略があって装備している場合は構わないが、だいたいこのような組み合わせをしているプレイヤーの成績はあまり良くない。

よく見かける組み合わせとしてはハンドキャノン+ハンドキャノン、グレネードランチャー+グレネードランチャー+グレネードランチャーだ。恐らくルナの遠吠えかマウンテントップを取得するために効率の良い組み合わせとして考えてのことだと思うがあまり上手くいかないだろう。

まず、ハンドキャノンを2丁持っていたとしても、恐らくどちらかしか使わないだろう。確かにハンドキャノンはあらゆる距離に対応しやすいが、スナイパーライフルやショットガンに撃ち勝つことは難しいだろう。それよりはショットガンやスナイパーライフルでキルできず体力が減った敵に追い打ちでハンドキャノンを撃った方がキルを取れるはずだ。グレネードランチャーに関してもハンドキャノンなどでダメージを与えた敵に対してグレネードランチャーを撃つ方がキルできるだろう。

それに、ハンドキャノン2丁など同じレンジの武器を2つ持つことはあまり意味がない。せめて、両方メインウェポンを持つのであれば、サブマシンガンとパルスライフルやハンドキャノンとスカウトライフルなどレンジの違う武器を組み合わせた方が良いだろう。

PvEでも特殊な場合を除いてメインウェポン2丁持ちをする人は少ないと思う。ナイトフォールやナイトメア狩りなどでチャンピオンが登場することから、チャンピオンに対応した改造パーツのついたメインウェポンを2丁持つことはあるかもしれないが、基本的には雑魚処理をするためのメインウェポン、ダメージを出すための特殊ウェポン、ヘビーウェポンを持つことが多いだろう。PvEだと単純に火力を出すためにレンジの被る武器を持つこともあるが、遠くの敵を瞬殺しなくてはならないような場面ではスナイパーライフルを持ち、近距離でエリートを倒さなければならない場面ではショットガンやフュージョンライフルを持つようにPvPでもレンジを意識した武器の選択は重要になる。


記事:稲森