Disintegration



SFシューター「Disintegration」がテクニカルテストを開催中とのことでプレイしてみました。
DisintegrationはBungieのHaloのクリエイティブディレクターのMarcus LehtoさんとSOCOMのディレクターMike Gutmannさんによって設立されたV1 Interactiveによって開発されたそうです。当ブログではBungieのDestiny2をメインで扱っていることもあって、これはプレイしなくてはいけないと言うことでプレイしてみました。


ベータでプレイできるゲームモード
今回のベータテストでプレイできるゲームモードはチュートリアルとマルチプレイヤーです。ゲームを最初に起動するとチュートリアルが開始されます。マルチプレイヤーはクイックプレイで2つのゲームモードと2つのマップがランダムで選択されます。ゲームモード「RETRIEVAL」はマップがLOW TOWN、「TERRITORY CONTROL」はマップがJUNKYARDになっています。


Disintegrationはどんなゲーム?
Disintegration

プレイヤーはGravcycleと言う乗り物に乗って戦います。キャンペーンでどうなるのかはわかりませんが、マルチプレイヤーでは7種類のクルーと言うクラスのようなものが存在しており選択して戦います。選択するクルーによってGravcycleの性能や武器、後述するAIユニットが変わってきます。

Gravcycleは乗り物と言ってもそれほどスピード感はなく、マルチプレイヤーではもっさりしていると言うほどではないですがあまり早く移動することはできません。操作は空中に浮いているのでジャンプはありませんがGravcycleの高度を調整することができます。

また、自身の操作の他にAIユニットに支持を出して攻撃やオブジェクトの起動などができます。マルチプレイヤーでは選択するクルーによってAIユニットの数も変わります。



7種類のクルー
マルチプレイヤーでは7種類のクルーから選択します。ステータスには耐久、ハンドリング、スピードの3つがあり、クルーによって1~2つの武器やアビリティを持っています。また、クルーによって2~4人のAIユニットを持っています。

LOST RONIN
クルー_01

ステータス
  • 耐久:4
  • ハンドリング:3
  • スピード:6
武器
NG-6 MARKSMAN CANNON
  • スコープ中、高精度のバースト武器
YUMI ROCKETS
  • ターゲットを追尾するミサイル
ユニット
  • MORTAR STRIKE
  • Concussion Grenade
  • Concussion Grenade

NEON DREAMS
クルー_02

ステータス
  • 耐久:1
  • ハンドリング:6
  • スピード:5
武器
MK-64 LIGHT MACHINE GUNS
  • 連射マシンガン
ION DISRUPTER
  • ターゲットに対するダメージを一時的に増加させる
ユニット
  • Seeker Rockets
  • Concussion Grenade
  • Concussion Grenade

TECH NOIR
クルー_03

ステータス
  • 耐久:1
  • ハンドリング:6
  • スピード:5
武器
NG-6 MARKSMAN CANNON
  • セミオートライフル
NRD SEEKER
  • 味方を追跡し時間とともに回復する
ユニット
  • Seeker Rockets
  • Slow Field
  • Disruptor Drone

THE SIDESHOW
クルー_04

ステータス
  • 耐久:3
  • ハンドリング:4
  • スピード:6
武器
STICKY GRENADES
  • 手動で爆発する粘着型グレネード
ユニット
  • Blast Wave
  • Disruptor Drone
  • Slow Field
  • Slow Field

WARHEDZ
クルー_05

ステータス
  • 耐久:7
  • ハンドリング:2
  • スピード:3
武器
TRI-NADES
  • 複数の跳ねる爆発物を発射
WARHEAD
  • 強力な時限爆弾を発射
ユニット
  • Blast Wave
  • Slow Field

KING'S GUARD
クルー_06

ステータス
  • 耐久:5
  • ハンドリング:2
  • スピード:2
武器
JAVELIN LAUNCHER
  • 衝撃で動きが遅くなるチャージボルト
NANO EMITTER
  • 周囲の味方を徐々に回復するエミッターを設置する
ユニット
  • MORTAR STRIKE
  • Proximity Mines
  • Proximity Mines

THE BUSINESS
クルー_07

ステータス
  • 耐久:5
  • ハンドリング:4
  • スピード:6
武器
HV-RIFLE
  • フルオート射撃
VAR-TAC SHOTGUN
  • チャージするバーストショットガン
ユニット
  • Seeker Rockets
  • Disruptor Drone

ゲームモード
RETRIEVAL
RETRIEVAL

攻撃側と防衛側に交互に入れ替わって対戦します。A、B、Drop offの3つのエリアがあり、攻撃側はA、Bでコアを取得しDrop offポイントにコアを運ぶことでポイントを取得します。3つコアを運ぶか制限時間になると終了します。

コアを取得するにはユニットを使う必要がありDisintegrationらしいゲームモードになっています。コアを運んでいるユニットが破壊されるかプレイヤーが破壊されるとコアがドロップします。ドロップしたコアは一定時間経つと爆発し、爆発すると周囲にいるプレイヤーやユニットはダメージを受けます。

1ラウンドが終わると攻守が入れ替わります。後攻は先攻が取得したポイントよりも多くポイントを取った時点で終了になります。例えば先攻がポイントを取れなかった場合は1ポイント取得すれば勝ちです。両チームのポイントが同じであれば引き分けになります。



TERRITORY CONTROL
テリトリーコントロール

A、B、Cの3つのエリアがあり、取得しているエリア数によってキル時にポイントが入ります。


ユニットについて
ユニット_03

ユニットは指示を出すことでオブジェクトを起動したり、敵に攻撃したりできます。

ユニット_01

ユニット_02

ユニットが死亡した場合、一定時間経つと再出撃します。赤色のカウントダウン、緑色のカウントダウンが終わると再出撃します。死亡したユニットの側へ行きピックアップすると緑色のカウントダウンから始まります。


感想
私がプレイしたのは初日の数時間だけですがマッチング自体は比較的スムーズでした。ただし、途中抜けが多くゲームにならない試合が多かったように思います。特にRETRIEVALは先攻が終わると試合が終わったと思うのか後半には両チームとも2~3人で始まることも多かったです。Twitchの視聴者数も1000人を切っていたのであまり話題に上がっていないうようでした。

NPCに指示を出したり、乗り物に乗るゲームはやったことがなかったので新鮮でした。ただ、敵の体力も多くDestinyのような一般的なFPSと比べると爽快感はあまりありませんでした。クルーの選択も重要になってくるのでチームワークは重要そうです。

テクニカルベータのマルチプレイヤーではあまりはまりませんでしたが、キャンペーンがどんな感じになっているのかは興味があります。


Disintegrationは2020年春にXbox One、PS4、PCで発売される予定のようです。


記事:神谷