destiny-2-nightfall-grandmaster-difficulty


今週のBungieの日本語訳が公開されナイトフォール「試練」の新たな難易度の日本語訳が判明すると共に、昨日投稿した記事にいくつか誤りがあるため修正したい。



新たに登場するナイトフォール「試練」の難易度は英語では「Grandmaster」だが日本語訳は「玄人」になる。これで難易度が低い順に「熟練」「英雄」「伝説」「達人」「玄人」となる。この新しい難易度「玄人」については今後数週間以内に詳細が発表され、シーズン10の後半に実装を予定しているようだ。





イザナギの覚悟の誤りについて
大きな間違いを掲載した項目は「イザナギの覚悟」で「反撃のバリケードとルナファクションのブーツからリロード効果を削除。」と書いたが、正しくは削除されない。変更点は以下の2点となる。
  • 「磨かれた刃」のアニメーション速度がリロードの影響を受けないようになりました。
  • 「アウトロー」の代わりに「邪魔はなし」を適用しました。
上記の誤った情報を記載してしまった経緯について弁明させて頂くと、修正項目の前にどのような経緯で修正に至ったかを解説しているのだが、その内容に「反撃のバリケードとルナファクションのブーツの自動リロードの効果を削除し、イザナギの覚悟の媒体を追加して以降、使用頻度が大幅に増加した」と説明があり、この部分を勘違いし追加してしまった。

この誤った追加により、反撃のバリケードおよびルナファクションのブーツからイザナギの覚悟だけリロード速度上昇の恩恵がなくなると誤った情報を掲載してしまった。勘違いをさせてしまった読者の皆様には心よりお詫び申し上げます。


オートライフルの変更について
オートライフルの変更点に関して4種類のフレームで僅かに強化される内容となっていた。しかし、高威力フレームに関して既にこの仕様になっているものでありパッチノートプレビューから削除されている。



その他については表現の違いはあるものの、意味の異なるものはないと思われる。


記事:稲森