xs67dblzofs1xxzjyofp

コナミコマンドの生みの親であるベテランゲーム開発者の橋本和久さんが今週亡くなられた。


この訃報は作曲家の竹ノ内裕治氏によってTwitterで共有され「同じ船に乗り、僅かながら時間を共にした者同士として、訃報はちょっと辛いものがありますね。天国でもゲーム作り続けてくださいね。」と故人を惜しんだ。

橋本和久さんは1980年代にコナミのアーケードゲーム「グラディウス」のファミコン版の開発中にコナミコマンド「上、上、下、下、左、右、左、右、B、A」を作成した。2003年のインタビューでそれほどプレイしておらず難しいため自分でコナミコマンドを使うつもりで覚えやすいものにしたと語った。コナミはこのコマンドを多くのゲームでバリエーションを変えながら使用し続けている。



記事:稲森
情報:kotaku