完



こんばんは。神谷です。
引き続き剣術アクションRPG「侍道外伝 KATANAKAMI」のプレイ日記を書いて行きます。


懲りない男 3度目の借金
借金

金の堂島像を建てた後も何度でも借金をして建てることができるようです。借金をしていない時にダンジョンから戻り雑談をすると借金をしようや金の堂島像を建てようと言うような会話ができ借金をさせることができるようです。(この後、借金を返済し4度目の借金をしています。)堂島像の金額は恐らくですが金庫のお金全てと借金1万5千銭になるようです。3度とも金庫のお金が10万~18万銭でしたが金庫のお金が全てなくなり借金額は1万5千銭でした。借金をすることで七海への差し入れや七海七変化を確認できます。


七海七変化
デブ七海_01

2度目の借金返済時には変化がなかったのですが、3度目の借金返済時に七海の姿に変化がありました。誰?と思うほどの様変わりです。借金の形に取られていた期間は僅か数日。借金の形に取られる前は小柄でスリムな体型だった七海ですが今の姿はぽっちゃりを超え優に100キロを超えそうな肥満体。どうやったらたった数日でここまで太れるのでしょうか。七海が人質に取られている間の差し入れは金の土偶、河童のミイラ、不思議な地球儀だったと思います。食べられるものは送っていないのですが食べてしまったのでしょうか。そして、この後には結婚が待っています。


デブ七海_02

ダンジョンでもでっぷりとした七海の姿を見られます。以前の七海は「こんにゃろ!」とオブジェクトを壊す姿に違和感を感じていましたが妙にしっくりきます。



結婚の道のり
エンディング後、七海と結婚するため「結納金」集めと伝説の刀「睦又太刀」を探し出すことが目的となります。結納金は六骨峠の自動販売機に50万銭で販売され、睦又太刀は幽幻ノ都地下30階をクリアして剣の間で取得できます。


睦又太刀の入手方法
睦又太刀



前回の記事で書いたのですが1点勘違いしていたので訂正させて下さい。

流れとしてはエンディング後、夜迷ノ森地下20階をクリアして回想の六骨峠で謎の男と話し睦又太刀のヒントを貰います。そうすることで幽幻ノ都へ行ける抜け道がアンロックされます。初回は回想の六骨峠から行く必要がありますが、2回目以降は夜の六骨峠から直接行くことができます。今まで通り夜迷ノ森地下20階をクリアすると回想の六骨峠に出て抜け道に入り続けてプレイすることもできます。

幽幻ノ都地下30階で黒覆面の男とオロチを倒すと剣の間に行くことができます。剣の間にはたくさんの「????????」と言う刀があります。これを回収して堂島に鑑定して貰うとランダムで睦又太刀になります。

睦又太刀_01

睦又太刀_02

前回の記事で睦又太刀を入手したと書いたのですが、見直してみると「六股太刀」でした。たくさんある刀の中に1本だけ本物があるようです。どのぐらいの確率で入手できるのかわかりませんが4~5回クリアしましたが70~80本ほど持ち帰ったところ必ず1本は睦又太刀になりました。

剣の間には刀を置くと動かなくなるバグがありますので、大量の刀を持ち帰る場合は幽幻ノ都地下30階でアイテム整理をしてから剣の間に進むとよいです。また、大量の刀を持ち帰るにはインベントリを空けておく必要があるので地下29階後の隠れ鍛冶でいらない刀を材料に戻しいらないアイテムを売ってから進むとよいです。

千手観音(金)と言う装飾品があれば道具所持枠を+20増加できます。隠れ里やプレイヤーの分身が持っていることがあります。この段階では装飾品の枠が4つまで拡張できるので最大で道具の所持数は130まで増加できます。

私はだいたい地下29階でアイテム整理をしてインベントリを50~60にして、黒覆面の男とオロチを倒した後に回復アイテムなどを捨ててインベントリを40~50にして70~80の刀を持ち帰れるようにしていました。所持金はあまり増やさないようにして最終的に1000銭~1500銭になるように買い物などして所持金を増やす装飾品も外して余った銭は捨てるようにしていました。用心棒を雇うと復活に100銭かかるので所持金を増やさないために役立ちます。同時に結納金の50万銭を集めなくてはならないのですがなぜ所持金を増やさないようにしていたのかは後述します。


睦又太刀を渡す時の注意点
睦又太刀

睦又太刀を入手してもイベントが進みませんでした。恐らく七海が借金の形に連れて行かれていたからだと思います。七海が帰ってきた後、堂島と話すと勝手に話は進みました。

この時に注意が必要なのは帯刀していても勝手に持って行かれます。そしてその刀は戻ってきません。睦又太刀を強化して使っていたのですが持って行かれました。睦又太刀は使いやすかったので一番強化していたのでショックで一瞬固まりました。もし、イベントを進める前に睦又太刀を強化していたら七海が戻ってくる前に保管庫に収めいらない睦又太刀を装備していることをお勧めします。


結納金50万銭の稼ぎ方
結納金

結納金の50万銭を集めるには普通にダンジョンでアイテムとお金を集めるだけでは難しいです。高額の依頼があっても1回のダンジョンで2~3万銭ほどしか稼げないと思います。「千客万来」状態にしてもせいぜい3万銭ほどしか増えません。

納品

各勢力にレアな刀を納品すると高額報酬を得ることができます。私はこの方法でゲーム内の4日間で62万銭を集めました。私のお勧めは「隻心将淋剣」集めです。隻心将淋剣は納品すると4500銭前後になります。

隻心将淋剣自体の正確な入手方法はわかりませんがプレイヤーに人気なようでプレイヤーの分身が装備していることが多いです。ですのでプレイヤーの分身とマッチングして倒して刀を入手します。マッチングしない場合は一度タイトルに戻るとその階層がリセットされますのでマッチングするまで繰り返します。上手く行けば一回のダンジョン攻略で10本前後の隻心将淋剣を入手できます。また、私がプレイした時は分身は「七海おりじなる財布」、「千手観音(金)」x3を持っていることが多かったです。財布は250銭、千手観音は100銭で売れます。この方法で初回時は1回で25万銭ほど稼げました。ただ、PC版なので人口も少ないせいかマッチングに無駄に時間がかかることも多く効率が悪いと思い2回目以降は睦又太刀周回に切り替えました。睦又太刀はかなり高額で納品すれば報酬額は1万5千銭前後です。

私は設計図の依頼などもこなしながらプレイしたので一本松から入って松ノ洞、夜迷ノ森、幽幻ノ都とクリアしていましたが単純にお金稼ぎだけを効率化するのであれば幽幻ノ都を周回するのがよいと思います。幽幻ノ都を周回する時は刀を落とす敵はある程度倒して刀を落とさない獣系や偶人系の敵は無視していました。分身は必ず倒します。これでもだいたい1回あたり10万銭は超えると思います。

あまりレアな刀がない時はレアな刀を作って納品していました。私がよく作っていたのは「微熱」と言う刀です。(3000銭前後だったと思います。)余裕のある材料のものを作るとよいと思います。

幽幻ノ都で入手できる千代八千代や蛇我も高額の部類ですが報酬額は確か3500銭前後だったと思います。金額も安く材料にするとレア素材の青生生魂になるので納品はせず材料にしていました。(睦又太刀からも青生生魂が取れます。)

前述したあまり所持金を増やさなかった理由は所持金を増やしてもたかが知れているのでそれよりは最終的に持ち帰れるアイテム数を増やした方がよいと思いました。


結婚へ
結婚

無事に結納金を納め、睦又太刀を堂島に渡すと晴れて結婚となります。ちょっとしたイベントの後にトップ絵の「完」の文字が表示されます。太った七海も愛らしいですがブログに載せるならスマートな姿で載せたかったですね。エンドロールなどはありませんでした。


結婚後
嫁

結婚すると七海の表示は「嫁」になり、堂島は「お義父さん」になります。その他に松ノ洞の地下2階から新たなダンジョン「まほろば」に行くことができます。おまけとして主要キャラが用心棒になったり血の色の設定が増え、変装に必要な赤玉党の出店に特別衣装が並び、睦又太刀の号に相手を攻撃すると出店に登録される「縁結」が追加されます。用心棒は私が確認した限りドナルド・ドナテロウズ、すずが追加されていました。また、六骨峠の自動販売機に松ノ洞などのダンジョンの名称を変更できる権利も販売され、装飾や押入れ、保管庫も増やせるようになります。


まほろばの行き方
まほろば_01

結婚後、松ノ洞地下2階に舟があり渡ることで新しいダンジョン「まほろば」に行くことができます。まだ、2回しか確認していませんが2回とも地下2階にありました。

まほろば_02

かなり長く地下30階を超えたところで疲れてしまったので一旦中止しましたがまた進展がありましたら紹介したいと思います。



記事:神谷