FF7


スクウェア・エニックスはファイナルファンタジー7リメイクの開発者インタビュー「INSIDE FINAL FANTASY VII REMAKE EPISODE3」を公開した。



オリジナルのFF7はいわゆるコマンドバトルであり、現代のゲームの主流にマッチさせるためにも、リメイクをより楽しんで貰うためにもリアルタイムの操作が必須だと語る。しかし、FFらしさと言うのは数値やゲージの管理であり、FF7らしさとはATBバトルにある。それらを失わないようにミックスしたバトルシステムがコンセプトになっている。

FF7_01

しかし、E3 2019でプレイ動画を公開したところ、ファンからアクションが苦手な自分ではプレイできないのではないかと言う声が上がり、それを受けてコマンドに注力できるクラシックモードが誕生した。それによって三段階のバトルシステムが登場しアクションよりなものからコマンドベースの戦闘まで幅広く楽しむことができるバトルシステムになった。

バトルシステムを作るに当たって注力したのは戦略性とコマンドの部分で、アクションは躍動感や臨場感を出すために簡単な操作でプレイできることを目指したと言う。

原作にあったリミットブレイクはダメージを食らうとゲージが溜まっていき一定量溜めることで大技を繰り出し逆転できると言う要素だったが、リメイクではバーストと言う新しい仕組みを取り入れピンチだけではなく上手く攻めることで大チャンスを作り出せる瞬間が生まれると言う要素を組み込んだ。

FF7_02

成長要素ではバトル以外でもマテリア、レベルアップに加え新しく武器を成長させる仕組みがある。ミッドガルまでを描いたFF7リメイクだが後半になるにつれてさまざまなことができるようになると言う。

ボス戦ではフェーズ制を取り入れ各フェーズにはカットシーンや演出を取り入れた。召喚獣は現実感を大切にし自分が今いる空間に召喚したように感じて貰えるように工夫したと語る。また、サイドクエストやミニゲームもストーリーラインを壊さないような工夫が凝らされている。ストーリーメインのゲームではあるが要所要所に必須ではないサイドクエストやミニゲームを散りばめることで自由度を取り入れた。原作でもミニゲームが多かったがやっぱりFF7はミニゲームが多いとファンに感じてもらいたいと語っている。



ファイナルファンタジー7リメイクは2020年4月10日にPS4でリリースを予定している。


記事:稲森
情報:square-enixtwitter