resident-evil-7-girl


バイオハザードRe3がリリースされたが、新たにバイオハザード8の噂が浮上した。


このリークは今までバイオハザードシリーズの正確なリーク情報を発信してきたAestheticGamerによって伝えられた。

バイオハザード2021は元々バイオハザード リベレーションズ3として開発されたが、初期の段階で非常によくできたためナンバリングタイトルにすると決めたようだ。



AestheticGamerは数ヶ月前にバイオハザード8は数年リリースされないと言った。昨年開発中だったバイオハザード8は数年かかる予定だったが、リベレーションズ3が社内テストでポジティブな反応だったためこれをバイオハザード8とする決定が下されたと言う。



バイオハザード8の舞台は雪に覆われた辺境の村で、イーサン・ウィンターズや狼男が登場すると言ったリークは100%真実だが情報が古くなっている可能性がある。ゲームはナンバリングタイトルにするためにストーリー、キャラクターなどに大きな変更が加えられている。これらは次世代機でもリリースされる。

今後数ヶ月以内に公開される情報にはゲームは一人称視点であることやストーリー、敵などが明かされる。純粋なバイオファンには嫌われるかもしれないが、幻覚、オカルト、狂気、猜疑心をテーマにしている。

リベレーションズ3としては95%ほど完成しており昨年にはフルプレイ可能だったがバイオハザード8に変更するため1年間の猶予が与えられた。残りのリーク情報に関しては今月後半に発表するとAestheticGamerは語った。

信頼性の高い情報で有名な人物の情報ではあるがあくまで噂程度に止めておくと良いだろう。


記事:稲森 
参照元:pcgamer