Destiny


Destiny2のオシリスの試練に有名ストリーマーのDrDisrespectが参戦し大きな話題となった。


Destiny2の配信は20:03あたりから。

DrDisrespectは現在の400万人を超えるフォロワー数を誇る人気Twitchストリーマーだ。元々Sledgehammer Gamesの開発者としてCall of Duty: Advanced Warfareの開発に携わった。元ゲーム開発者と言う経歴を活かした鋭い考察から高い人気を博しているが、不倫騒動やプライバシー侵害でTwitchからBANされたりと話題に事欠かない人物でもある。

Destiny

DrDisrespectはDestiny2の配信を始めると自慢のハンターのコレクションを見せびらかした。久しぶりのプレイで腕が鈍っていたのか戦績はキル数1、KD0.06と残念な結果となってしまった。しばらくするとDestiny2の配信で有名なストリーマー仲間のRealKraftyyと合流しオシリスの試練をプレイした。

コメントで視聴者からのアドバイスもあったが、DrDisrespectは現在のDestiny2の主流のロードアウトに落ち着くまで時間が掛かった。RealKraftyyはDrDisrespectを不敗のキャリーを試みたがついには敵わなく、DrDisrespectはWarzoneに戻り、RealKraftyyはライトハウスのキャリーに戻った。

DrDisrespectはDestiny2をお気に召さなかったようで、ローンチの時に少し配信したがルーティンには入らなかった。時々オーバーウォッチやバトルフロント2のようなゲームを配信することもあるが、どちらかと言うとリアル指向なゲームに惹かれる傾向があり、SFライクなDestinyはお気に召さないようだ。

DrDisrespectのような有名配信者が通常時にDestiny2をプレイするようになることがベストではあるが、一時のプレイでも興味を持った視聴者も出たことだろう。



記事:稲森
情報:gamerant