EYppQO9XgAEHOx1


Amazon Game Studio初のAAAゲーム「Crucible(クルーシブル)」が遂にローンチを迎えた。PvPにPvEやMOBAの要素を取り入れた無料TPSは現在Steamのみで配信されており、PS4、Xbox One対応のアナウンスはない。今後、コンシューマーに移植されるのか気になる人も多いだろう。



今のところAmazonはPS4、Xbox Oneでのリリースについて無言のままである。PC版のリリースも突然の発表だったためPS4、Xbox Oneでのリリースも突然発表される可能性もあるが、今のところ低いように思う。理由としては今年の年末にPS5、Xbox Series Xがリリースされるからだ。

PC版のローンチも北米のみ先行配信し、遅れて他国の配信があったことからもAmazonは慎重にことを進めているように思う。それらを考えるとPS4やXbox Oneでリリースせず、PC版の動向を見て評判がよければ次世代機でのリリースを考えているのではないだろうか。

Steam

肝心のローンチだが、Apex LegendsやValorantのようなセンセーショナルなデビューとはならなかった。Twitchのビュー数こそ12万を超えたが、Steamの同時接続数は2万5千で、ここ24時間の同接は1万3千とだいぶ落ちてきている。また、ローンチ時に北米のみの配信だったことが仇となったのかSteamレビューも賛否両論で好評とは言えない。MOBAを取り入れたシューターと言えばバトルボーンがあるが、残念ながらサービス終了となっている。クルーシブルもこのまま失速してしまうのか、徐々に盛り返していくのか今後の展開が気になるところだ。このまま失速してしまえばコンシューマーでのリリースもないし、盛り返していければコンシューマーでのリリースも視野に入ってくるのではないだろうか。


記事:稲森
情報:playcrucibletwittersteamdotesports