1587995642511

Destiny2の4年目に関する新たなリーク情報が4chanに投稿された。今までDestiny2の4年目の拡張は「Collapse(大崩壊)」と呼ばれていたが、新たなリークでは「Dark Omens(ダークオーメンズ)」と言う。直訳すると「闇の兆し」や「闇のお告げ」と言う感じだろう。これはBungieに近い人物からのリークだと言う。秋にリリースされる拡張から始まるシーズン12は「Season of Dusk(シーズンオブダスク)」で直訳すると黄昏のシーズンや夕暮れのシーズンとなる。拡張で導入されるエリアはエウロパ(木星の衛星)とピラミッド船のThe Calamity(カラミティ)になる。

2d0812_2cbd9e66aff349e0b9f3ac80a2d4c34c_mv2
木星の第2衛星エウロパ Destiny1リリース前からあったコンセプトアート

Veil(ヴェール)と呼ばれる新たな種族が登場する。彼らは農家(Winnower)の最終形態を崇拝する幽霊/属性のような異星人だ。ヴェールの種類は以下の通り。
  • Specterは影/宿られのような見た目で、スロールのように大群で襲ってくる。近づくとアビリティと動きが抑制される。
  • Rookはテレポートし遠距離から射撃をする。
  • Pawnは平均的なタイプの敵。
  • Bishopはキャプテン、ナイトなどのメジャータイプの敵で近接型。
  • Gargoyleは翼を持ち浮遊する。シールドも持ち、サプレッションフィールドでプレイヤーを閉じ込め、ヘルスとスーパーエネルギーを奪う。
  • Golemnsはオーガのような巨大なタンクタイプの敵。
メインキャンペーンは、バンガードからの任務でエウロパに防衛ポイントの上陸拠点を設置し、ヴェールによるシティへの侵攻を防ぐ。イントロムービーは、エウロパでの大きな戦いのミッションの後、土星の衛星タイタンが重力兵器で破壊されるところから始まる。ヴェールはバンガードに取って脅威であることが証明される。



ヴェールのリーダー「Narhazuhl, the Formless(ナルハズール、形なき者)」はキャンペーン全体でガーディアンを闇に引きずり込もうと挑発する。マラ、エリス、カルスはキャンペーンの後半に登場し、途中ひねりが加えられている。放浪者の片腕と一緒に、ガーディアンはナインと通信し、彼らの力を使いヴェールの旗艦カラミティに潜入し、物理的にナルハズールを止める。

1587995642511
以前、Finalityとしてレイドの舞台となると言われていた

キャンペーンが終了すると、パトロール、エンドゲームエリアとしてカラミティにアクセスできるようになる。新レイドの舞台となるが名前はわからない。レイドは3つのボス(内1つはファイナルボス)と保管庫のようなパズルのエンカウントがある。

エウロパには「Tomb of Despair(絶望の墓)」と呼ばれる新しい迷宮がある。

ストライクは4つ追加され、2つはエウロパで「The Lost Colony(ロストコロニー)」、「Underbelly(アンダーベリー)」と呼ばれどちらもヴェールが登場する。1つはEDZで宿られが登場する「House of Light(ハウスオブライト)」、もう1つはカラミティでヴェールが登場する「The Hollowed Spire(ホロースパイア)」。

クルーシブルはエウロパと未知の空間にマップが2つ追加される。ギャンビットは新しいものはない。シーズン14で何かに取り組む。

新しいエキゾチックは28個追加され、1つは「Final shape(ファイナルシェイプ)」と呼ばれるソーラー剣。「Winter's Call(ウィンターズコール)」と呼ばれるエウロパをテーマにしたスカウトライフルもある。

噂される暗黒サブクラスはない。D1のようにクラスシステムはアップデートされる。

新しいシーズンアーティファクトは「Tribute of Nezarec(トリビュートオブネザレツ)」。

シーズン12のコンテンツBのストーリーはフォールンに焦点が当てられる。

バンガード、クルーシブル、ギャンビットは刷新され新しいベンダーになる。

新しいシーズン武器は720rpmのオートライフルで「Undoing」と呼ばれていた。




かなり具体的な情報だが、これらのリーク情報が正しいかは今のところ証明されていない。


記事:稲森
情報:gamerant