モンスターハンター


実写映画「モンスターハンター」は新装備「スリンガー」を装備した新場面の写真を解禁した。


今回、公開された写真は超巨大な砂嵐に巻き込まれ、未知の世界に迷い込んでしまったエリート部隊のリーダー アルテミス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)が砂漠で何かを見据えた場面の画像。左腕にはゲーム「モンスターハンター ワールド」で新たに登場したハンターの標準装備「スリンガー」を装着している。

映画の撮影についてミラ・ジョヴォヴィッチは「南アフリカの砂漠に行ったんだけど、とにかく厳しい環境だったわ。昼間は50℃にもなって、でも天気が悪くなると、一気にすごく寒くなって、すごい風が強くなったりする。だからセットでの撮影でいくら大変な場面になってもあそこよりはまし!ってなるの。あれよりつらいことはないわ」と語った。

なお、6月5日(金)よりミラのインタビュー映像を含む世界初解禁映像が、全国のTOHOシネマズ幕間にて上映中とのこと。


実写版「モンスターハンター」は2020年9月4日日米同時公開となっている。


記事:稲森
情報:monsterhunter-movietwitter