2396375_0


Bungieは新年初の今週のBungieを公開した。

シーズン13の変更として夢見る都市と月の武器と防具の一部が復活する。光りの超越で一部の武器や防具にパワー制限が設けられたことで月や夢見る都市のアクティビティで入手できる武器や防具はゴミとなっていた。月も夢見る都市も有料DLCであり、月については僅か1年で産廃となっていたためコミュニティから有料でありながら産廃にしたのはおかしいと批判を受けていた。それが全ての武器ではないが一部の武器と防具が復活する。しかし、この復活についても批判的な意見もある。と言うのも、新たなパークが追加されるものの、僅か数ヶ月間使用禁止にしたあげく、つい数ヶ月前に掘ったばかりの武器や防具を再び掘り直さなくてはならない。これは馬鹿げているとしか言いようがない。


ギャンビット、クルーシブル、ストライクの基本アクティビティの報酬体系に変更が加えられる。各プレイリストには特別な武器の報酬が2つずつ計6つ追加される。また、ランク報酬にも変更が入り、ベンダーのリストから自分で受け取るようになる。これによってクルーシブルの印が今シーズンで廃止される。


次にPvPで猛威を振るっているステイシスハンターのシャッターダイブと亀裂の囁きが弱体化する。これは来週配信予定のパッチ3.0.2で修正予定で、この他にレイド「ディープストーン・クリプト」の「嵐の避難所」が永続的に適用されるグリッチも修正される。



レイド「ディープストーン・クリプト」の勝利の道のり「無傷」や「弱肉強食」を取得するなら修正前に取得するのが良いだろう。


今週のBUNGIE – 2021年1月14日
Bungieは今週、通常運転に戻りました。

お久しぶりですね。前回の「今週のBUNGIE」から今日までの間に、ホークムーンを手に入れた方もたくさんいることでしょう。暁旦が終わりを迎えました。次世代機の素晴らしい機能強化が実現しました。皆さんは檻からクロウを解き放ち、アイアンバナーではステイシスを振りかざして敵を倒す姿をサラディン卿に披露しました。

Bungieでは、それぞれがしばしの休息を楽しみました。去年は、誰も予想できなかった試練に満ちた年でした。2020年にはあらゆる困難がありましたが、私たちは無事に「光の超越」と「斬獲のシーズン」を皆さんのもとへとお届けすることができました。ただ、これらの困難を乗り越えるのは簡単なことではなかったため、私たちには新しい年に向けて充電する時間が必要でした。2021年も間違いなく、私たちの前には高い山が立ちはだかり、予想もできないような事が起こるでしょう。ですが、私たちは今、Destiny開発の新たな年を迎えてやる気に満ちあふれています。

では、さっそく本題に入りましょう!Destiny 2の次のシーズンの開始まで、本記事を含め4つの「今週のBUNGIE」をお届けします。今後の計画に関する情報に飢えている皆さんのために、その空腹を満たす様々なメニューをご用意しています。まずは、ベンダーに関する変更点、夢見る都市と月の報酬、そしてクルーシブルにおけるハンターのステイシススキルのサンドボックス調整について見ていきましょう。




報酬の更新: 夢見る都市と月
「光の超越」のリリース以降、Destinyの様々なシステムについて数え切れないほどのフィードバックをいただいてきました。これまでも報酬や、コンソールにおけるDDoS保護機能、クロスプレイ、外見の変更機能に関する計画をいくつかお伝えしてきましたが、今回は最も新しく追加されたロケーションのうち2つ、「月」と「夢見る都市」の報酬に関する最新情報をお届けします。皆さんからのフィードバックを反映した変更点について、報酬部門リーダーのジャスティン・ダゼットがご説明します。

ジャスティン: 先月、アシスタントゲームディレクターのジョー・ブラックバーンが、フィードバックを反映してシーズン13で実装予定である装備の変更点についてお伝えしました。これらの変更点は今までの拡張コンテンツに関わるものですが、本日はその内容がどのようなものであるかについて、その経緯を含めて簡単にお話しします。

まずは、シーズン13における変更点の一覧を見ていきましょう。

夢見る都市の「夢想の夜明け」と、月の「ドリームベイン」のアーマーを再発行しました。
  • どちらも「砕かれた玉座」または「異端の奈落」でドロップした場合、高ステータスがつきます。
  • 「異端の奈落」の最後のクレートからは、フルマスターワーク化されたドリームベインのアーマーがドロップしなくなります
  • 一方で、ドロップするドリームベインのアーマーはアーマーエネルギーが7となり、さらに+16以上の異なるステータス2つと、全体的に高いステータスが付与された状態で確実にドロップするようになります。
  • このクレートからは、ドリームベインのクラスアイテムはドロップしません

以下の「夢見る都市」の武器4種類を、新しいパーク候補プールのもとに再発行しました。
  • ウェイキング・ビジリア、スリープレス、バウチセーフ、再帰される物語
  • 迷宮「砕かれた玉座」でドロップする夢見る都市の武器には、他の報酬源でドロップした場合には付かないパークが付く可能性があります。

以下の「月」の武器4種類を、新しいパーク候補プールのもとに再発行しました。
  • 虫の知らせ(異端の奈落のみ)、異端者、冒涜者、背教者
  • 迷宮「異端の奈落」でドロップする武器には、他の報酬源でドロップした場合には付かないパークが付く可能性があります。
失われたセクター(伝説/達人)のローテーションを、以下の4箇所の月のセクターに拡張しました。
  • K1ロジスティクス、K1コミュニケーション、K1クルー区画、K1リベレーション

この変更は、ロケーションの関連性を維持するためのものです。特に、このロケーションには最高峰レベルのエンドコンテンツが存在しているためです。具体的な実際のプレイ体験に関してですが、再発行装備を報酬として獲得できるアクティビティにおいては、上限に達した装備よりも、再発行装備の獲得率が大幅に上昇するように比重を置きます。ただし、正確な比重とメカニズムは変更される場合があります。例: 夢見る都市において、既に融合上限に達した武器を所有している場合、その武器が再度ドロップすることはありません。

EruWoskXAAgzsEi

これらのロケーションの有効期間中、全ての装備の入手源またはレジェンダリーの報酬が最新の状態に維持されるわけではありませんが、特定のアクティビティのドロップに絞ることは、継続的な関連性のために重要であり、これによって武器を強化する際のロケーションの選択肢が増えるものと考えています。




印の引き換え
Destiny 2の発売以降、ガーディアンの皆さんはベンダーに渡す評価の印を集めてきました。印はレジェンダリー装備と引き換えることができ、引き換えた装備は大抵レジェンダリーのかけらや材料を手に入れるために分解されてきました。これからは、儀式のベンダーの評価を上げる方法と、獲得できる報酬が新しくなります。それではダゼット、続きをどうぞ。

ジャスティン: 儀式のプレイリストを連続で完了することで獲得できる報酬については、「光の超越」のフィードバックを参照しながら、課題として複数回検討を行ってきましたが、嬉しいお知らせとして、まもなくギャンビット、クルーシブル、ストライクの報酬体系にいくつか変更が加えられることとなりました。

最初に、3つのプレイリストの儀式それぞれに特別な武器の報酬を2つ追加します(3つのアクティビティを合計して6つになります)。これらの武器は、斬獲のシーズンで登場した武器に追加されるものであり、引き続き各アクティビティの終了時に低確率でドロップします。

次に、シーズン13からはギャンビットおよびクルーシブル(武勇)、さらに今後のシーズンではストライクにおいて、儀式のベンダーでランク報酬を確認できるようになります。シーズンごとに、関連するプレイリストのアクティビティを完了することで自動的に進行状況にカウントされ、一連の報酬を獲得できるようになります。

ランク報酬は、ドロップして自動的に所持品に追加されるのではなく、ベンダーのリストから自分で受け取る形になります。これにより、進行に応じてどのようなアイテムを獲得できるのかがこれまでよりも分かりやすくなり、プレイするアクティビティの選択肢もさらに広がると思います。

Reputation_Rewards_Initial_JP

進行状況は儀式ごとにカウントされます。例えば、クルーシブルではランク10で、ギャンビットではランク4、といった形になるでしょう。最後の報酬を入手すると、即座にベンダーでランクをリセットできるようになります。

各儀式ごとの報酬は以下の通りです。
  • ランク4: アップグレードモジュール3個 
  • ランク7: 強化のコア3個 
  • ランク10: シーズンの儀式シェーダー(ランクのリセット後は強化のコア3個に変化) 
  • ランク13: 強化プリズム2個 
  • ランク16: シーズンの儀式エンブレム(ランクのリセット後は強化プリズム2個に変化) 
  • リセット報酬: アセンダントの破片(ランクのリセット後はエキゾチックエングラムに変化)
今まで通り、ランクアップごとに儀式の通常エングラムを獲得できます。さらに、上記のランクのいずれかに到達することで儀式のプライムエングラムも獲得できます。

Reputation_Rewards_Repeatable_JP

この自動進行に伴い、クルーシブルの印とクルーシブルの印の贈り物は不要となるため、シーズン13で廃止されます。印はまとめて削除されますのでご注意ください。忘れずにシーズン終了前に印を引き換えて、マスターワークの材料を手に入れましょう!




テスト実施: レベナントのシャッターダイブと亀裂の囁き
ホリデーシーズン中には、報酬に関するご意見ご感想の他にも様々なものに目を通しました。皆さんの多くは、クルーシブルでPvP対戦の流れを変えるであろうステイシスやその他のあらゆる要素を試されたことと思います。私たちは、休暇に入る前にウォーロックの調整を行いました。次はハンターの調整を予定していますが、新しい年を始めるにあたって、今後のステイシスの調整におけるアプローチについてもお話ししたいと思います。それでは、「今週のBUNGIE」に久々に登場する戦闘部門リーダーの木下智路が、PvPにおけるステイシススキルの目標についてお話しします。

トモ: ホリデーシーズン中に始まった試練では、コミュニティの皆さんから貴重なフィードバックの数々をいただきました。このフィードバックと共に、試練のデータを分析して短期的な目標を設定しました。それと同時に、今後数週間~数か月間にわたって取り組む必要がある中期的な目標も複数設定しました。

短期的な目標: サブクラスの選択の面白さを維持するため、強力すぎるステイシススキルを調整
更新3.0.2からは、ガーディアンに対するシャッターダイブと亀裂の囁きの効力が減少します。
シャッターダイブ
  • 凍結状態でない標的に対するダメージ減衰が発生 
  • 最大範囲ダメージが50から5に減少 
  • スキル発動中のダメージ減少が50%から25%に減少
亀裂の囁き
  • スーパースキルを発動していないプレイヤーに対するダメージの最大・最小値が42-22から30-4に減少
  • スーパースキルを発動中のプレイヤーに対するダメージの最大・最小値が42-22から16-2に減少
  • プレイヤーに対する爆発半径が10mから9mに減少
タイタンのステイシスサブクラス「ベヒーモス」のスーパースキルの効力を調査します。以上の変更点が定着すると共に、PvPのヒエラルキーにおけるベヒーモスの位置を確認したいと思いますが、それは今後の話になります。


中期的な目標: PvPにおけるサブクラスの使用率と勝率バランスの改善。
  • 例外的なステイシススキルを弱体化することで上限値を低くすることができますが、それと共にパフォーマンスの低い他の光のサブクラスも改善したいと考えています。

中期的な目標: PvPにおけるスキルと銃撃戦のバランスの見直し。
  • Destinyは、爆発的な宇宙魔法と、本質的な満足感に満ちた銃撃戦の両方からなるゲームです。特に3v3のプレイリストにおいては、スキルを高速でチャージできる手段を多く追加するにつれて、スキルの使用率が増加していきました。 
  • まだ最初期の段階ですが、3v3のプレイリストにおいて再び本格的な銃撃戦のやりがいを感じられるようにするためのバランス調整を検討しています。
お気づきの方もいらっしゃると思いますが、ホリデーシーズンの休暇に入る前に、予定よりも早くサンドボックスの変更点をいくつか実装することができました。Destiny 2のバックエンドとDestinyコンテンツ保管庫に実装された変更点により、パッチのパイプラインが大幅に改善されたおかげです!とはいっても、全部の変更点が光の速さで実装されるわけではありません。私たちは、きちんと時間をかけてフィードバックを収集し、データを確認し、検討中の変更点をテストしたいと考えています。

変更点が承認され次第、皆さんには「今週のBUNGIE」やブログ記事で詳しい情報をお伝えしますので、ご期待ください。




ワールドワイドコミュニティ
2014年に始まったDestinyのコミュニティが、こんなに大きくなったなんて時々信じられない気持ちになります。皆さんが世界中どこにいたとしても、きっと仲間のハンターやウォーロックやタイタンに出会えることでしょう。昨年は、コミュニティへの取り組みを強化すべくインターナショナルコミュニティマネージャーを2名迎え入れました。そして今回、3人目を迎えることになりました!新しいロシアのコミュニティマネージャー、イヴァン・ヤニューシュキンをご紹介します。

イヴァン: プリヴィエート(こんにちは)!

私はイヴァンと言います。ロシア語話者のガーディアンチームに最も新しく加わったコミュニティマネージャーです。Destiny 2では、6人以下でプレイすることでより難易度の高いレイドに挑戦したり、ウォーロックで延々とエウロパを探索したりして(この体験は自分にとって瞑想のような安らぎを与えてくれます)楽しんでいます。

皆さんの中には、私が以前Blizzard Entertainmentで別タイトルのコミュニティマネージャーを勤めていたことをご存知の方もいらっしゃると思います。この経験から学んだことはきっと役に立つでしょう。ですが、皆さんからも今後アドバイスをいただけると嬉しいです。良かった点、良くなかった点や、Destinyコミュニティ改善のために必要な点がありましたら、どうぞお気軽にお伝えください。いつか再び、実世界でゲーミングイベントを開催できるようになり、皆さんと直接お会いできる日が来ることを楽しみにしています。それまでは、TwitterVKontakteロシア語版Bungieフォーラムでお会いしましょう。


こんな素晴らしいコミュニティで働くことができて光栄です。私の仕事は、プレイヤーの皆さんの声を開発者に届けること、ロシアのコンテンツ作成者が活躍できるように支援すること、そしてロシアのソーシャルメディアチャンネルの管理ですが、その他にも色々な仕事を担当します。イヴァン雷帝ではなく、イヴァン大帝のような人物を目指して頑張ります!

P.S. いつかは、死んだ後に爆発するハイドラに慣れることができればいいなと思います :)

スパシーバ(ありがとうございました)。



随時連絡
Destinyプレイヤーサポートチームは、ホリデーシーズン中も万全のサポート態勢を整え、バグに遭遇したプレイヤーに重要な情報を提供し、バグの回避方法を探し、あるいはネットワークのセットアップに関するお問い合わせに対応しました。今週サポートチームは配信予定の臨時修正を確認し、更新の実装に向けて準備を整えました。

今週の報告は以下のとおりです。

更新3.0.2
1月15日、更新3.0.2に備えてバックグラウンド・メンテナンスが始まります。以下にスケジュールをご案内します(※以下全て日本時間)。
  • 1月15日午前3時: 更新3.0.2前のバックグラウンド・メンテナンス開始。 
  • 1月15日午前7時: 更新3.0.2前のバックグラウンド・メンテナンス終了。 
  • 1月20日午前1時: 更新3.0.2のメンテナンス開始。 
  • 1月20日午前1時30分: プレイヤーはアクティビティから退出させられ、更新3.0.2が利用可能になる午前2時までDestiny 2にログインできなくなります。 
  • 1月20日午前2時: Destiny 2 更新3.0.2が全プラットフォームおよび全地域で配信されます。Destiny 2へのログインが可能となります。メンテナンス終了は午前3時の予定です。 
  • 1月20日午前3時: Destiny 2のメンテナンスを終了する予定です。

近日修正予定の問題
以下は、更新3.0.2で修正予定の問題のリストです。
  • バウンティにおいて、ハイヴのボス、イン・アナーン、ブルッドクイーン、シロクスを倒してもハイヴのボスのキル数にカウントされない。 
  • 一部のプレイヤーがストライク「反転したスパイア」のボス戦中に死亡すると、リスポーン不可能になってしまう。 
  • 複数のクルーシブルのマップにおいてプレイヤーが環境外へ出られてしまう。 
  • 月のオープンワールドアクティビティにおいて一部のクエストアイテムがドロップしない。これにより、一部の「エッセンス」クエスト(怒りのエッセンス、狂気のエッセンス、服従のエッセンスなど)が完了不可能になってしまう。 
  • パーク「容赦なし」で体力回復が発動しない。 
  • 対戦モードのクルーシブルで勝利してもMIDAマルチツールの媒体がドロップしない。 
  • 迷宮「予言」の一部の戦闘エンカウントにおいて、宿られたサイオンの複製速度が速すぎる。 
  • 救済の庭園をノーミス完了しても、勝利の道のり「内在の完璧」を獲得できない。 
  • 上級執行司祭がダメージを受けない場合がある、または亜空間に移動しない場合がある。 
  • レイド「ディープストーン・クリプト」で、「嵐の避難所」が永続的に適用される場合がある問題を修正。 
  • クラウドストライクを神性の囲いに命中させると、精密ショット2発としてカウントされる問題を修正。 
  • ナイトフォール(玄人)のタイマーが30分に設定されていた問題を修正。 
  • PlayStation 5においてクランリストが読み込まれない問題を修正。

忘却の彼方
9年前、Bungie.netでは旧シリーズであるHaloのステータスとファイルのアップデートが終了しました。それ以来、Halo 2、Halo 3、Halo 3:ODST、Halo:Reachの全ステータスやファイル、その他のデータは、記念としてhalo.bungie.netに残されてきました。

しかし2月10日以降、halo.bungie.netのウェブサイトは永遠にオフラインになります。ご自身のステータスやファイルを保存したいという方は、ぜひ今のうちに保存してください。ただしニュース記事、フォーラム、グループは、既に2013年に現行のBungie.netに移行されています。


既知の問題
様々な既知の問題の調査を継続中ですが、ヘルプフォーラム(#Help)で報告された最新の既知の問題をお知らせします。
  • アクティビティの説明において、上級執行司祭のミッションに登場するエキゾチックの船の報酬が「レア」の報酬であると正しく表示されない。この報酬の獲得率は、アクティビティを完了するごとに上昇します。
  • 上級執行司祭が立ち去る際に、黒のオーブがダメージを受けないためポータルが開かない。ピストルを使わない、あるいはオーブの出現直後にオーブを撃たないことでこの問題を回避できます。
  • クルーシブルとPvEにおいて、ハイライトされた敵が適切な色覚モードの色で表示されない。
  • 新規プレイヤーが改造パーツ「スペシャル・フィニッシャー」を解除できない。
  • ハンターが「ドラゴン・シャドー」のエキゾチックを装備していると、改造パーツ「爆撃手」が機能しない。
  • オートライフルのリロード直後にトリガーを引くと、オーバーロードショットが発動せず、アニメーションのみが再生される。
  • レイド「最後の望み」で願いの防壁に向かおうとすると、一部のプレイヤーでBIRDエラーが発生する。
  • レイド「最後の望み」の保管庫の戦闘において、プレートにスラム攻撃を行った後かフェーズ終了後に、アイコンが見えなくなる、または敵が出現しなくなる場合がある。
  • レイド「最後の望み」の最後の戦闘において、2階でリベンがスタン状態にならない場合がある。
  • アセンダントの挑戦「剥奪の神殿」を完了しても、「亜空間の戦士」または「速度を磨け」の勝利の道のりにカウントされず、カーズブレイカーの印を獲得できない。
  • アセンダントの挑戦「暗黒の駐屯地」でタイムトライアルを完了しても、勝利の道のり「ガントレットを走れ」が解除されない。
  • 迷宮「砕かれた玉座」と、複数のアセンダントの挑戦においてアハンカーラの骨が存在しない。
  • プレイヤーがタワーに移動しようとすると、16名のプレイヤーとのナイトフォールに移行してしまう場合がある。
  • ラスボーン狩りの終了時にダイアログが途中で切れてしまう場合がある。
  • ハンターがサブクラス「戦士の道」を使用していると、ときどきコンボ攻撃が機能せず、勝負師の回避が発動しなくなる。
  • エウロパにおいて、エクソではないキャラクターでエクソ固有のダイアログが発生する。
  • エンブレム「暁の光」がステータストラッカーを装備できない。
  • 蛇属性の装飾「同軸バンド」が原因で、画面左下にグラフィックの乱れが発生する。

記事:稲森
情報:bungie