0x0


昨年、Destiny2は新たな拡張「光の超越」をリリースした。光の超越以降、PvEは比較的好評だが、PvPのバランスは崩壊しカジュアルプレイヤーに不満をもたらしているようだ。

Bungie, if your PvP team actually exists, please give us a sign from r/DestinyTheGame

カジュアルプレイヤーからの一番の不満はオシリスの試練のマッチメイキングの問題だ。Destiny2のPvPは常に10%程度のプレイヤーがプレイし、オシリスの試練やアイアンバナーが始まるとその人口は増える。選士のシーズンでオシリスの試練に新たな武器が3つ追加され、アーマーが刷新されたことにより、よりカジュアルプレイヤーがプレイするようになった。

オシリスの試練のマッチメイキングは勝利数マッチングで、勝利数が同じ、もしくは同じくらいの勝利数の人とマッチングするように設計されている。つまり、プレイヤーのスキルは考慮されない。そのため、不敗を一度も達成したことがないプレイヤーも不敗を何度も達成し金メッキの天下無双のタイトルを持っているプレイヤー達とも当たる可能性がある。

普段、PvPをあまりプレイしないプレイヤーが熟練のプレイヤーに勝てるわけもなく蹂躙され、心を踏みにじられる。



そのため、オシリスの試練では自殺することでバウンティを完了させ、3勝の報酬を入手する不健康な方法が出回っている。

2050789284

次の問題点はドロップの問題だ。先シーズンでは試合が終わるごとに陰影の星がドロップした。しかも、毎試合ドロップするにも関わらずほとんどがゴミパークだ。PvEの高難易度コンテンツでもプレイしない限り使わないであろう陰影の星でさえ、最適なパークを引き当てるために何十試合もしなくてはならないことに辟易しているようだ。

c477c080

次にクルーシブルマップだ。Destiny2は2年以上オリジナルの新しいPvPマップをリリースしていない。現在のマップの半数以上はDestiny1のマップと初期Destiny2の4v4用に設計されたマップだ。

元々、Destinyは6v6と3v3のゲームモードがあったが、Destiny2になり3v3が4v4に変更された。Destiny2は6人でレイドに行き、その流れでPvPに行くこともある。6v6に行くときは良いが、4v4に行くときは2チーム作ることができず不満も出た。

初期Destiny2はDestiny1の機動性も失い、人気が低迷したが、Destiny1以上の機動性を取り戻すことで、現在のパワフルでスピーディーなPvPになった。しかし、現在のマップはパワフルでスピーディーになった今のDestiny2用に設計されたものではなくDestiny1や4v4用に設計されたものだ。


0x0

最後に、PvPを支配しているハンターステイシス レベナントだ。光の超越で追加された暗黒のサブクラス ステイシスは強すぎるとして、ウォーロックのシェードバインダーは早々に弱体化されたが、レベナントは弱体化されたにも関わらず相変わらず猛威を振るっている。シェードバインダーはバランスが取れ使用率は減ったが、依然としてハンターステイシスとタイタンステイシスのベヒーモスは健在で、カジュアルプレイヤーに取って対策がしづらく不満をもたらしているようだ。


記事:稲森